トップ > 数字経済 > マーケット > 海外ファッション・ビューティーブランド、韓国市場限定版コリアリミティッドを発売

海外ファッション・ビューティーブランド、韓国市場限定版コリアリミティッドを発売


  • 海外ファッション・ビューティーブランド、韓国市場限定版コリアリミティッドを発売
「韓国だけで売ります」。

衣類やバッグ・時計などの海外ファッション・ビューティーメーカーが、韓国人のためだけに製作した商品を、先を争って売り出している。このような「韓国限定」商品は、これまで輸入洋酒や化粧品を中心に時々売り出されることはあったが、最近になって、その分野が大幅に拡大されている。米国の高価婦人服ブランド「セントジョン(ST.JOHN)」は最近、韓国顧客の体型や好みを反映した300万ウォン台の「コリアエクスクルーシブ・ロングジャケット」を発売し、今月から輸入会社(新世界インターナショナル)を通じて販売する。このジャケットは秋・冬に多少長い服を好んで着る韓国の中・壮年層女性消費者の特性を反映して、お尻を十分に覆うくらいの長さで製作しており、彼女たちが好むであろう厚手のウール生地(ツイード)素材を主に使用した。セントジョン側は、韓国の40~50代の女性の衣類の消費行動を綿密に調査し、彼女たちが黒や赤いウール地に光沢のある糸でデザインされたジャケットを好むという事実まで制作に反映した。

フランスのファッションブティックであるロジェ・ヴィヴィエも最近、「ミスヴィブ・ソウルリミテッドエディション」という名称の女性用バッグを製作し、17日からギャラリア百貨店で販売している。このバッグは韓国の20~30代の若い女性たちが好む緑と灰色・ピンク色を土台に、長方形のやや大きなバックルを装着した製品だ。ギャラリア百貨店側は、「ロゴは小さく切り分けてもバックルを大きく配置することで、主にバッグを通じてファッション感覚を競い合おうとする韓国女性消費者を攻略した」と明らかにした。高級時計の中では、世界の都市別時間を知らせる回転ベゼル(時計枠)にソウルを表示する製品が増えている。スイスの時計ブランド「ハミルトン」は「ジャズマスター・ソウルリミテッドエディション」を新しく製作し、この春にソウル汝矣島で開かれた発売5周年記念ポップアップストアで、世界で初めて披露した。これまでこの時計は、世界の都市のタイムゾーンに東北アジアの都市は東京を表記してきたが、今回の限定版から東京の代わりにソウルを入れた。もちろん、ソウルと東京の時間帯は同じで、韓国顧客も海外旅行の際には自国の時間を東京タイムゾーンで確認できたが、今回は初めからソウルを明記したわけだ。

  • 海外ファッション・ビューティーブランド、韓国市場限定版コリアリミティッドを発売
韓国の国内免税店を中心に販売されている輸入化粧品も「韓国限定」の主要ターゲットだ。モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)所属の化粧品ブランド「ベネフィット」は、しばらく前に韓国進出10周年を記念して、これまで特に韓国市場でよく売れたティント(リップグロス)のセットだけを別に集めて「チャートトッピングチャチャス(CHART-TOPPIN' CHACHAS)」という名前で再び出した。このセットは、韓国で発売1カ月めで5万個も売れた「チャチャティント」とは別のミニチャチャティントで構成されており、製品パッケージ上に説明文をハングルで刻んである。特に日本の化粧品ブランドの「シュウウエムラ」は、自社製品の「ルーズアンリミテッドクリーミーティント」口紅が昨年、韓国で「江南ピンク」という愛称で大きな人気を呼ぶやいなや、今年から全世界の店舗で販売している口紅の名前を最初から「江南ピンク(Gangnam Pink)」に変えてしまった。

ファッション製品だけでなく、食器やベビーカー・ベッドなどの生活用品の世界的なブランドも韓国限定版を出したり、世界の最新モデルを韓国で最初に発売している。ドイツのキッチン用品メーカー「ウィスラー」の包丁セット「バイオニックナイフ」の場合、韓国を除外した国では刃と柄の比率を7対3で製作して出荷しているが、韓国では手のサイズが小さい消費者に配慮して、6対4の比率で製造・発売されている。

キム・ソンヘ新世界インターナショナルマーケティング部長は、「韓国ではかなり高価な輸入ファッション・生活用品もよく売れているうえに、これらの消費者がブログやSNS活動を通じて製品評価を互いに共有する傾向が強いため、グローバル企業がアジアのテスト市場の主舞台を日本や中国から韓国に変えるなど、優遇している」と語った。
  • 毎日経済_ソ・ヂヌ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-22 17:09:34