トップ > 数字経済 > 経済 > チョイノミクス効果、取引金も今年最高・公募株申込みにも巨額...中国発の薫風まで

チョイノミクス効果、取引金も今年最高・公募株申込みにも巨額...中国発の薫風まで

野村證券レポート「KOSPI 3000」 可能 

  • チョイノミクス効果、取引金も今年最高・公募株申込みにも巨額...中国発の薫風まで
  • < 増加するKOSPの1日平均取引代金 >

配当の拡大と内需浮揚に要約される「チョイノミクス」がKOSPIの歴史を新たに書きかえた。KOSPIはさいきん暴走機関車に変身し、30日は場中で2092(終値2082.61)まで上がり、この勢いなら31日には2100ラインにタッチする格好だ。

去る16日、崔炅煥(チェ・ギョンファン)企画財政部長官兼経済副総理が就任した後の2週間、KOSPIは強い上昇曲線を描いて、これまで超えられなかった記録を出している。

まず、KOSPIは強い外国人買いによってこの29日、3年ぶりに2060ラインを越えたことに続き、終値基準で2100ラインの高地にも8月初めには到達するものと見られる。この場合、2011年8月2日(2121.27)を最後に上がれなかった2100ラインに、3年ぶりに到達することになる。

外国人はこの日、KOSPIで5986億ウォンを純買い入れて、昨年9月12日(1兆4309億ウォン)以来で最大だ。

IBK投資証券のソ・ドンピル投資戦略チーム長は、「楽観的なシナリオで見るならば、すぐさま明日(31日)か8月が始まるやいなや2100進入が可能だ」とし、「対外的に中国の株式市場が一緒に上昇しており、国内では配当に関する税制措置が具体化され、内・外国人の双方が株式市場への投資を増やしている」と明らかにした。

投資家の証券市場への参与の強度を把握できる取引代金も大きく跳ね上がっている。今年の上半期までは一日平均3兆ウォン台にとどまっていたKOSPI取引代金は、29~30日の二日連続で6兆ウォン台を超えた。30日には、今年に入って最大値である6兆4264億ウォンを記録し、昨年の9月12日(6兆6944億ウォン)以来の最大規模だ。

このようにチョイノミクスパワーが国内証券市場を強力に支えて最近、外資系の野村証券がKOSPIは3000に上がれるという報告書を出したりもした。野村は「KOSPI 3000は無理ではない」という報告書で、「チョイノミクスは安倍ノミックス(日本)やModiNomics(インド)に匹敵する」とし、「配当所得税の引き下げ、社内留保金課税、年金基金の配当に関連する株主権の強化が‘三拍子共調’を成し、KOSPI 3000ラインまで引き上げるだろう」と明らかにした。野村證券は、韓国の上場企業の純利益の50%を配当に回して3.5%の配当利回りを仮定すると、KOSPI 3000が可能だと強調した。

イートレード証券のユン・ヂホ リサーチセンター長は、「株価の流れに配当を通じた、株主に優しい政策が重要になっている」とし、「KTが第2四半期の業績が良くなかったが上昇することだけを見ても、大規模な配当株の善戦を通じてKOSPIは上昇の流れを続けるだろう」と語った。

チョイノミクスの他にKOSPI薫風のもう一つの源は、中国の株式市場の上昇だ。KOSPIの動きが米国よりも中国の証券市場に同調している点を勘案すれば、上半期に不振だった上海総合指数の上昇は、KOSPIの善戦を煽るもう一つの力だ。先に立ってチョイノミクスがKOSPIを率いて、後ろから中国の株式市場が煽りをかけているようなかっこうだ。最近、中国の株式市場は週に6%を超える急峻な上昇を見せ、この29日に年高点(2183.19)を更新した。

専門家らは、韓・中の株式市場が軒並み反発を見せるのは、最近の中国の経済指標が着実に改善されつつ、景気鈍化の懸念が鎮静したためと見ている。中国景気サプライズ指数は5月中旬、低点のマイナス135.7ポイントを記録した後、反発して現在は31ポイントまで上がり、7月の中国HSBCバイヤー管理指数(PMI)も景気拡張局面の52を記録し、毎月上昇している。KDB大宇証券のキム・ハクキュン投資戦略チーム長は、「外国人は中国と韓国を同じ新興市場として見ているが、‘中国リスク’が緩和されれば中国はもちろん、韓国株式市場の投資にも肯定的な影響を与えるしかない」と語った。

このほかに公募株の投資が活発になり、国内の株式市場を支える資金も豊富になった。29~30日の二日間、公募申込を行った家電メーカーのクク電子(CUCKOO)の場合、4兆4632億ウォンの申込証拠金が集まって、競争率は175対1を記録した。クク電子は来月6日に上場取引され、この日リホムクチェン(LIHOM CUCHEN)は、競合他社の上場が迫っているという期待で6.58%急騰し終えた。
  • 毎日経済_キム・ビョンホ記者/ユン・ヂェオン記者/キム・ユンヂン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-30 17:18:57