トップ > 数字経済 > マーケット > オンラインショッピングの取引額10兆ウォン突破…プラットフォームの成長は続く

オンラインショッピングの取引額10兆ウォン突破…プラットフォームの成長は続く

オンライン業者(12.3%)とオン・オフライン並行業者(18.2%)両方増加 

オンラインショッピングが新しい消費形態として確固たる位置を占め、流通街はオンライン・オフラインの市場を並行したり、オンライン市場への移動をしない限り、これ以上の成長が難しくなった。

実際に、2014年第2四半期のオンラインショッピング取引額は10兆5,830億ウォンを突破し、前年同期比14.4%増加し、安定した成長を見せている。これにより、片手で握ったモバイルコマースもやはり目に見えて成長している。オンラインショッピングの取引額のモバイルショッピング取引額が3兆1,930億ウォンで136.9%増加した。前期と比較した場合にオンラインショッピングの取引額は1.1%、モバイルショッピングの取引額は13.1%増加し、今後のモバイル市場の成長が独歩的であると業界は評価している。

オンライン市場内の商品群別の取引高は、前年同期に比べて旅行や予約サービス(28.8%)、化粧品(21.5%)、スポーツ・レジャー用品(16.6%)、家電・電子・通信機器(14.7%)などが増加した一方、 事務・文具(-20.4%)、ソフトウェア(-2.5%)は減少した。また、取扱商品の範囲別のオンラインショッピング取引額は前年同期比で総合モール(13.0%)と専門モール(19.2%)の両方で増加した。

一方、運営形態別のオンラインショッピング取引額は前年同期比のオンライン業者(12.3%)とオンライン・オフライン並行業者(18.2%)の両方が増加し、今のところオフライン市場を完全にやめることができないことを示唆している。
  • シックニュース_イム・ソヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-31 14:16:40