トップ > 数字経済 > 経済 > 韓・ペルーFTAでペルー市場のシェア7位に急成長

韓・ペルーFTAでペルー市場のシェア7位に急成長

韓国貿易協会「FTA激戦地ペルー、韓国の状況」レポート 

韓国企業のペルー市場輸出が2011年8月初めに発効した韓国・ペルー自由貿易協定(FTA)の効果に支えられ、急増している。

韓国貿易協会国際貿易研究院が最近出した「FTA激戦地ペルー、韓国の状況は?」という報告書によると、韓国の対ペルー輸出は韓国・ペルー自由貿易協定(FTA)が発効された2011年から昨年まで年平均15%ずつ増加した。具体的に、昨年の韓国の化学製品のペルーシェアは7.7%で、発効前の2010年に比べて2.5%ポイント上昇した。昨年、輸送機器のペルーシェアも発効前(2010年)より1.1%ポイント増えたの13.7%を記録した。

特にペルーが米国、中国、日本、欧州連合(EU)などと結んだFTAが発効され、外国企業の角逐の場になっているペルー市場で、韓国のシェアは韓国・ペルー自由貿易協定(FTA)発効前の10位から現在7位に急成長した。これにより、韓国のペルーシェアは日本を追い越した。2010年、日本は4.56%の市場シェアを記録して韓国のペルーシェア3.47%よりペルー市場で優勢を見せた。
  • 毎日経済_ホン・ジョンソン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-31 17:02:03