JYPエンタ、英国経済紙が選ぶアジア太平洋地域の高成長企業177位に


JYPエンターテイメント(以下JYP)は英国の世界的な経済紙『フィナンシャル・タイムズ』(以下、FT)が選定した「アジア太平洋地域で高成長中の1000の企業(FT 1000:High-Growth Companies Asia-Pacific) 」で177位にランクインした。韓国のエンターテイメント会社のうちでは唯一ランクに入って注目を集める。

最近、FTは市場調査専門機関Statistaと一緒に2013年から2016年のあいだにアジア太平洋地域で急成長している1000社の企業を選定して発表し、JYPが177位にランクインした。1000社のうち104社の韓国企業が含まれている中で、JYPは12番目に国内エンターテイメント企業としては唯一ランクに入った。

FTは韓国をはじめ、日本、オーストラリア、香港、インド、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、台湾など11の地域の企業を対象に、2013年から2016年のあいだの売上の増加率に基づいて順位を付けた。これによるとJYPはこの期間、年平均51.2%の増加率で177位となった。

FTは「Statistaはそのデータベースとその他の公共ソースの調査を通じてアジア太平洋地域の数万の企業を今回のFT1000候補として選定した。候補の企業はメール、電子メール、電話などを介してこの部門での志願を勧められた」とし「昨年8月14日から11月15日まで志願が受け付けられ、また直接志願した企業だけでなく11の参加地域の1万4000社以上の公企業の公式売上データを調べて適切な進入企業を探した」と今回の順位選定の要件と基準を明らかにした。

JYPは2PMとスジなどの既存のアーティストはもちろん、韓国を代表するアイドルグループに成長したGOT7とTWICE、K-POPの代表バンドとなったDAY6、また今年3月にデビューした新人グループのStray Kidsに至るまで活発な活動のおかげで、日々成長する姿を見せている。 FTが発表した今回の順位を通じてJYPの成長が世界市場でも認められた点が意味を加える。

JYPは18日、基準時価総額7565億ウォンと、韓国エンターテイメント企業のうち2位を維持している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-05-21 09:00:37