韓国飲料業界のトレンド、 補養(健康)飲料...紅参飲料強い

夏の代表的なスタミナ材料である紅参を活用した飲料人気 

最近「補養(健康)飲料」が新しい韓国飲料業界のトレンドで浮上している。特に血行改善効果や疲労回復や免疫力増進効果があると知られている夏の代表的なスタミナ材料である紅参を活用した飲料が強勢だ。

ハイト真露(JINRO)飲料の「EEDR澄んだ濃い紅参水(ホンサムス)」は340mlのボトルに健康機能食品と同じレベルである3mg以上のジンセノサイド(ginsenoside)が含有された紅参飲料だ。合成着香料(Combined Congener)、砂糖、カフェインを入れない天然エネルギー飲料として蒸し暑い天気に老若男女誰でも簡単に水のように飲むことができるという点が特徴だ。農協紅参の「チャッカン(善良な)紅参キッズ・アン」は、韓国で育てた6年根紅参と韓国産の果物を主原料にする子ども用紅参飲料だ。子供の口に合うように作られただけでなく、合成添加物を全く入れず、健康にも無害だ。
  • 毎経ドットコム_チョン・インヒェ インターン記者/写真_ドリームコミュニケーションズ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-07 11:38:18