トップ > 数字経済 > 企業 > サムスン電子のブランド価値88兆・世界4位...フェイスブック抜く

サムスン電子のブランド価値88兆・世界4位...フェイスブック抜く


  • サムスン電子のブランド価値88兆・世界4位...フェイスブック抜く
  • 2018主要企業のブランド価値


サムスン電子のブランド価値が90兆ウォンに迫り、韓国企業のなかで圧倒的な第1位に上がったことが分かった。

これは2位の8倍の水準に達すると同時に、他の「トップ10」企業のすべてを合わせたよりも多く、技術革新の努力がブランド価値をさらに高めたという評価だ。

英国のブランド評価コンサルティング会社であるブランド・ファイナンス(Brand Finance)は、最近発表した「2018年韓国ブランド価値50大企業」でサムスン電子の今年のブランド価値を88兆8000億ウォンとして評価した。これは昨年(56兆5000億ウォン)より57%も増加した、歴代最高水準だ。

ブランド評価も昨年の「AAA」から今年は「AAA+」で、上位10社の中では唯一で最高の評価を受けた。現代自動車(11兆3000億ウォン)、LG電子(8兆ウォン)がこの後に続き、高いブランド価値を立証した。このほかSKテレコム(7兆7000億ウォン)、KT(6兆ウォン)、SKハイニックス(5兆9000億ウォン)、韓国電力(5兆8000億ウォン)などが上位7位に名前をあげた。特にSKハイニックスはメモリー半導体市場の「スーパー好況」に支えられ、1年ぶりになんと84%増のブランド価値で昨年の16位から今年は6位まで急上昇した。LG電子は昨年の5位からSKテレコムとKTを抜いて、今回は3位に浮上した。

ブランドファイナンスは報告書で「サムスングループ全体のブランド価値を含めると105兆ウォンにのぼる」とし、「これは全世界でアマゾンやアップル、グーグルに次いで第4位に該当するもので、フェイスブックも抜いた」と説明した。報告書は、サムスンが2016年のギャラクシーノート7発火事故の衝撃に続き、昨年は李在鎔(イ・ヂェヨン)サムスン電子副会長の拘束収監などの最悪の課題を乗り越えつつ、スピード感のある技術革新で驚くべきブランド力を誇示したと評価した。ブランドファイナンスのデビッド・ヘイ最高経営責任者(CEO)は「サムスンが大きな困難を克服したのは、巨大なブランドパワーと高品質製品の代名詞と呼ばれるイメージがあるので可能だった」とし、「世界トップ5内で唯一、非米国ブランド」だと語った。
  • 毎日経済_イ・ヂェチョル記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-09-10 17:58:36