トップ > 数字経済 > マーケティング > 予測不可融合マーケティング、食材料+名品靴&自動車+ファッション

予測不可融合マーケティング、食材料+名品靴&自動車+ファッション

「必要の時代」から「誇示​​の時代」を過ぎて「遊戯の時代」に進入 

  • 予測不可融合マーケティング、食材料+名品靴&自動車+ファッション
  • < 上から、SSG、ソウル(Soul)>

あきあきするほど続く消費不振とは違い消費トレンドは、1日ごとに進化している。以前には製品ごとにそれぞれの用途を区分して広報から販売まで各自の領域内で行われた。しかし、予期せぬ組み合わせが期待以上のシナジーを引き出す融合業界はもちろん、消費者までも高い関心を見せている。

最近、オンラインを通じて公開されたいくつかのブランドの固定観念を破る融合をモチーフにした広告は常識を破り、これにより笑いと購入動機を刺激して視線を集中させる。百貨店でマート製品まで一括購入が可能な統合ショッピングモールSSGを運営する新世界は、1千万観客スター、リュ・スンリョンを前面に出して、名品雑貨と食材料を同時にショッピングすることができるというメッセージを虚を突く、重厚なウィットで表現した。

「名俳優リュ・スンリョンがSSG10種の恩恵を毎日毎日撃ちます」というテーマで進行された今回の広告は、リュ・スンリョンがイ・ビョンホンの要求に手袋をはめて韓牛を見せるなど、機転を利かせた統合ショッピングモールの強みを表現した。これだけでなく、起亜自動車は2015ソウルを発売し、「ソウルチェンジボックス(Soul change box)」をテーマにファッションパワーブロガーと共にスタイル変身プロジェクト映像を製作した。

この映像は、ソゲッテイング失敗100%の確率を持つクィチャニズム男とグンジャナム(根自男、根拠のない自信を持つ男)の2人を対象に、実験カメラを進行する姿と、チェンジボックスで進行される変身の過程、変身後の画報撮影を盛り込んだ姿まで、一編のリアルドキュメントを見るように実感できるように展開される。

消費が「必要の時代」から「誇示​​の時代」を過ぎて、今は「遊戯の時代」に進入した。したがって、このような不慣れな分野間の融合と、これを表現する方法で使われる「ウィット」は、消費も楽しくなければならないという最近の社会の風潮を反映したと解釈することができる。
  • シークニュース_ハン・スクイン記者/写真_Youtube映像キャプチャ
  • 入力 2014-08-19 17:31:34