トップ > 数字経済 > マーケティング > 新韓銀行、認定証明書なくても可能な「TVマネー」サービス

新韓銀行、認定証明書なくても可能な「TVマネー」サービス

テレビのリモコンで暗証番号を押してショッピング決済・銀行振込「サクサク」 

  • 新韓銀行、認定証明書なくても可能な「TVマネー」サービス
新韓銀行(シナンウネン)は20日、インターネットTV(IPTV)を介してホームショッピングの支払いも行い、友達に最大200万ウォンまでの贈り物もできる「TVマネー」サービスを初めて公開した。銀行業界では最初だ。

これまでホームショッピングで商品を購入する際は、電話でクレジットカード番号を読み上げたり、いちいち入力する必要があった。時間がかかるだけでなく、クレジットカード情報を反復して送ったり読み上げなければならず、情報流出のリスクもともなった。しかしTVマネーは暗証番号を入力するとあらかじめチャージした金額の範囲内で、認定証明書なしですぐに決済できる。クレジットカードも必要ない。

ソ・ヒョンヂュ新韓銀行マーケティングサポート担当副頭取は、「TVマネーは顧客がテレビを視聴しながら、その場で決済できるプリペイド式のテレビ専用決済サービス」とし、「暗証番号の入力だけで、インターネットTVが提供する各種コンテンツや、ホームショッピングの商品を購入し決済できる」と説明した。

実際にTVマネーサービスを利用するには「olleh tv」セットトップボックスと、本人名義の携帯電話さえあればすぐに会員加入できる。セットトップボックスに新韓銀行から発行を受けたキャッシュICカードを差し込んでチャージしたり、TVマネー専用口座に代金を振り込めばよい。その後からは簡単だ。暗証番号さえあればよい。

基本的には50万ウォンをチャージできるが、必要に応じ、別途の認証を経て200万ウォンまであらかじめチャージできる。TVマネーの会員同士で最大200万ウォン規模まで、TVマネーを随時にプレゼントすることもできる。

新韓銀行は「TVバンク」サービス(チャンネル785番)も今月中に出荷する予定だ。olleh tvでキャッシュICカードを利用して、銀行口座の照会や振り込み、取引履歴の確認などが行えるようになる。事実上、現金自動預け払い機(ATM)を家の中に入れておくわけだ。
  • 毎日経済_ソン・ソンフン記者 /写真_新韓銀行 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-20 17:32:20