トップ > 数字経済 > マーケット > 韓流コンテンツ、海外居住外国人1兆ウォン台ブルーオーシャン市場

韓流コンテンツ、海外居住外国人1兆ウォン台ブルーオーシャン市場

海外消費者が国内のショッピングモールを利用する海外逆直購 

  • 韓流コンテンツ、海外居住外国人1兆ウォン台ブルーオーシャン市場
韓流コンテンツを経験した外国人たちの韓国訪問意向や韓国のイメージ上昇の程度が高まるにつれて、海外の消費者が国内のショッピングモールを利用する海外逆直購が自然に拡散している。特に、スマートフォンなどのモバイル機器普及びフェイスブック、YoutubeのようなSNSを通じた電波が容易になり、韓流の水平的拡散速度がはやくなるにつれ、海外居住外国人は1兆ウォン台のブルーオーシャン消費層として望まれる。

実際に、彼らは韓流の影響を大きく受けるため、ローカル企業の積極的なマーケティング活動が従うならば、需要を増やすことはそれほど難しくはない雰囲気だ。しかし、「直接対面していないため、消費者の消費過程を販売者が直接調整できない。オンラインチャンネルの管理がこの市場で非常に重要である」というのが専門家たちの所見だ。

海外逆直購市場が流通の新市場に浮上すれば、韓国を訪れる海外観光客がVVIP顧客として位置を確立したことは昨日今日のことではない。韓国を直接訪問する海外観光客が多くなり、百貨店、免税店の売り上げがドラマチックに増加した。実際に、中国人観光客が3時間ぶりにデパートの売り上げを24倍増加させるほどだ。

何よりも、観光に来た外国人は、何かを購入しようとする目的がはっきりしているため、消費において有効な顧客層に照らされる。よって、今後、流通業界は外国人観光客の長期的な忠誠度をつかむことが重要だ。その他にも、国内居住外国人は、しばらくの間見過ごされやすかったが、最近好意的な消費者層として再照明されている。彼らは、長年の間韓国の人々と直接接しながら韓国のファッション情報を自国にいる友人、知人に伝え、自国で情報を閲覧できるようにする媒介の役割をするからだ。

したがって、今後、海外居住外国人の海外逆直購はもちろん、国内居住外国人から観光客の需要が国内流通市場の大きな影響を及ぼすことと予告される。
  • シークニュース_イム・ソヨン記者 / 写真_photopark.com
  • 入力 2014-08-20 15:32:26