トップ > 数字経済 > マーケティング > 韓国トヨタ、「プリウスタクシー」発売

韓国トヨタ、「プリウスタクシー」発売

エンジンと電気モーターを組み合わせたトヨタハイブリッドシステム搭載 

  • 韓国トヨタ、「プリウスタクシー」発売
韓国の自動車市場に「環境に優しいエコタクシー」に対する関心が高まる展望だ。

韓国トヨタ自動車は20日、国内の個人および法人タクシー事業者を対象にした「プリウスタクシー」を発売し、本格的な販売に入ると明らかにした。新たにリリースするプリウスタクシーは、エンジンと電気モーターを組み合わせたトヨタハイブリッドシステムが搭載されており、都心都心走行燃費21.7km/lを誇る。これは、大部分の都市で成り立つ国内タクシーの走行環境を考慮する時、大きな燃料効率性が期待される部分だ。

ハイブリッド固有の特性である静寂さはもちろん、側面、運転席膝エアバッグなど、合計7つのSRSエアバッグ、運転席と助手席全てに事故の際の首の傷害を低減させるアクティブヘッドレスト、ABS、EBD、TRCなどが搭載されており走行安全システムも充実している。韓国トヨタ側は「世界各地の地形、気候、インフラの違いがあるにも関わらず、変わらない親環境性、耐久性、安定性、静粛性などを高く評価され、現在、米国・日本・シンガポール・クロアチア・オーストリアなど世界各地で『プリウスタクシー』が運行されている」と説明した。

韓国トヨタは競争力のある価格を通じて底辺を拡大するという戦略のもと、新たに発売した「プリウスタクシー」の国内販売価格を付加税別で2600万ウォンで策定した。韓国トヨタの関係者は「『プリウスタクシー』販売と共に現在『タクシードライバーおよび法人のためのハイブリッド教育』などを準備しており、今後段階的にサービス(AS)などでも差別化されたプログラムを提供する予定」と明らかにした。

一方、韓国トヨタは現在ソウル松坡区に位置した交通会館にプリウスタクシーの見本モデルを展示している。
  • 毎経ドットコム_ナム・テファ客員記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-20 12:28:15