トップ > 数字経済 > 企業 > サムスン電子、米国原産地規定違反で合意金230万ドル

サムスン電子、米国原産地規定違反で合意金230万ドル


サムスン電子の米国法人が、米国公共調達納品家庭で原産地表記の規定に違反した疑いと関連して230万ドル(約23億ウォン)を納付することで合意した。

去る20日(現地時間)、米国法務部の発表によると、サムスン電子の米国法人は多数供給者契約を通じてサムスン製品の公式販売業者が米連邦調達庁(GSA)に納品する過程で、販売業者に故意に誤った原産地情報を提供したという疑いを受けた。

1979年に制定された貿易協定法(TAA)により米国政府調達物品としては米国で生産されたり、韓国やメキシコのように貿易協定を締結した国で生産された製品のみ供給することができる。しかし、サムスン電子、米国法人は去る2005年1月から2013年8月の間、公式販売業者に中国産の製品を韓国産またはメキシコ産と通知した疑いを受けた。

米国法務部は今回の合意で、サムスン電子の米国法人に対する疑惑を解けたが、この事件の責任所在が糾明されはしなかったと付け加えた。
  • 毎経ドットコム_速報部 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-21 10:20:42