トップ > 数字経済 > マーケティング > ネイバー、解像度・コンテンツに合わせたモバイルUI改編

ネイバー、解像度・コンテンツに合わせたモバイルUI改編

解像度と各コンテンツ特性に合う最適なUIを提供 

  • ネイバー、解像度・コンテンツに合わせたモバイルUI改編
ネイバー(NAVER)は、スマートフォン機器が多様化するにつれ、解像度と各コンテンツの特性に合う最適なUIを提供する形態で、モバイルメインページを改編したと22日明らかにした。

まず、解像度に応じてコンテンツが自由に変換される。既存に適用された「反応型のウェブ(Responsive Web)」技術が一層進化して、危機の特性に応じて制限なしに根テンスの個数と配置が自由に調節されること。これにより、利用者はどんな環境でも最適化された画面を楽しむことができる。

スクロールをおろせばコンテンツが引き続き追加される形態で、各メインページに露出される情報の量も大幅に増やした。時間帯別に編集して反映する既存の方式を、新しいコンテンツが持続的にアップデートされる方式に変更した。

また、ライフ、FUN、ショッピングなどにカードビューを全面導入して、各コンテンツの特性に最も適合したUIを披露した。1段カード、2段カードなど多様なテンプレートを積極的に活用して可視性と情報接近性を高めた。カードビューは多様な機器に速やかに対応でき、広く利用されている。

ネイバーは「キャンプ料理、コンナムルクク(もやしスープ) のようなレシピ」、「証券情報」、「名言」など、利用者がモバイルで頻繁に訪れる情報をより効果的に伝えることができるよう、モバイルコンテンツの検索も強化した。検索結果もコンテンツの特性に合わせてカードビュー、3Dグラフィック、カード反転などの視覚的な要素を積極的に活用し、端末機と情報の重要度に応じて最適化された情報構成で差別化された情報を提供する。

ネイバーのパク・ソニョンコンテンツライブセンター長は、「モバイル使用性が高まるにつれてスマートフォンの使用パターンに最適化されたUIとコンテンツを悩んだ」」とし、「今後も利用者の使用性を積極的に反映して、どんな環境でも最適化されたUIを提供することができるようにずっと改善していく」と述べた。
  • 毎経ドットコム_コ・ドゥグァン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-22 13:51:48