トップ > 数字経済 > マーケット > 電話機能7インチ以上、タブレット販売60%急増

電話機能7インチ以上、タブレット販売60%急増

市場調査会社インターネットデータセンター(IDC) 

アジア圏でスマートフォン需要が増え、通話機能を入れた大画面のタブレットPCの販売が弾力を受けている。最大5インチ後半台に達するペブレット(スマートフォン+タブレット)の大きさも小さいと考え、7インチを超えるタブレットPCを電話機兼用として使おうとする試みが増えているのだ。大画面でゲームをしたり、動画を見ようとする欲求が増加するためとみられる。22日、市場調査業社のIDCによると、日本を除いたアジア太平洋市場で、去る2四半期売れたタブレットPC1億3800万台のうち約4分の1である3486万台に通話機能が基本搭載されていることが分かった。

通話機能が入ったタブレットPCの販売量は、前年同期2133万台に過ぎなかった。しかし、今年2四半期に入って前年同期比63.4%、前期比46.3%の成長率を記録し、販売量がぐんと跳ねた。
  • 毎日経済_ホン・ジャンウォン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-22 15:58:55