トップ > 数字経済 > 統計 > 女性役員の比率は全世界最下位...国家競争力の損失に直結

女性役員の比率は全世界最下位...国家競争力の損失に直結

2013年の国別の女性役員比率 

  • 女性役員の比率は全世界最下位...国家競争力の損失に直結
  • < 2013年の国別の女性役員比率 >

韓国女性家族部が女性雇用の拡大と企業の経営効果に対する関連性を調査した結果、最近5年間で女性会社員の比率が0%だった企業に比べ、女性会社員の比率が持続的に増加した企業の財務実績がより良くなったことが分かった。

よって、持続可能な経済成長のために、女性の人材活用が何よりも重要になった。実際に、ヨーロッパの主要先進国の場合、積極的に女性の人材を活用し、仕事と家庭の両立対策を導入して女性雇用率を向上、短期間で雇用率70%を達成した。

オランダの女性雇用率は、94年の52.6%から99年は61.6%に成長した。当該時期の全体雇用率が63.9%から70.8%に増加した点を考慮すると、変化の幅が大きい。

ドイツは2004年、全体雇用率が65%から2008年に70.2%に増加、女性雇用率もやはり59.2%から64.3%に成長し、短期間での女性の雇用率を高めた点が目立つ。

一方、韓国の場合、20代の女性雇用率(57.8%)は男性(56.5%)を上回ったが、30代に入って出産、育児による経歴断絶で女性雇用率は35%差で逆転された。その上、韓国の女性人材の水準が高まっているにも関わらず、依然として女性管理者の比率および女性役員級の比率は世界最下位水準だ。

実際に、昨年LG経済研究院の資料によると、女性の経歴断絶による潜在所得の損失規模はGDP比4.9%(米国0.1%)と推定されるなど、長期的に見た時に国家競争力の損失を引き起こしている。したがって、韓国の企業は、優秀な女性人材を確保することが長期的に見た時に企業の経営実績を高める原動力になることを常に認知しなければならない。
  • シークニュース_イム・ソヨン記者
  • 入力 2014-08-22 18:14:47