トップ > 数字経済 > 企業 > サムスンゲームチーム、6ヶ月めに最下位から1位へ

サムスンゲームチーム、6ヶ月めに最下位から1位へ

目標は来る9月に開かれる「LoL世界選手権(ロールドカップ)」優勝 

  • サムスンゲームチーム、6ヶ月めに最下位から1位へ
  • サムスンプロゲーム団所属「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」チーム。左から「フォン」ホ・ウォンソク、「ルーパー」チャン・ヒョンソク、「マタ」チョ・セヒョン、「ダンディ」チェ・インギュ、「インプ」ク・スンビン。 [イ・スンファン記者]

サムスングループの中で、6ヶ月めに最下位から世界1位にぴょんと上がった組織があり話題だ。

主人公は昨年9月に創立された「サムスン電子ゲームチーム」だ。このチームは現在、eスポーツの「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」世界ランキング1位となった。このような結果は李在鎔(イ・ヂェヨン)サムスン電子副会長をはじめとする、経営陣の関心と会社のサポートがあったからこそ可能だった。加えて、マンパワーと今年の初めに李健煕会長が注文した「マッハ経営」も、最高のチームに変貌させた原動力だ。

サムスンゲームチームは指導者の力を示す。個人技を前面に出す南米のチームを抜いてブラジルワールドカップで優勝したドイツにヨアヒム・レブ監督がいるなら、サムスンはゲーム王出身の事務局スタッフがいる。サムスン電子で公募採用出身のホ・ミング課長とウォン・チソン社員は、それぞれ「エイジ・オブ・エンパイア」と「ギルドウォーズ2」の世界選手権で優勝トロフィーを手にしたゲーマー出身だ。

サムスン特有の管理システムは、このチームが換骨奪胎できた秘訣の一つだ。訓練方法とスケジュールは体系化されたマニュアルに従った。戦略も目立つ。監督・戦略担当・運営担当で構成されたコーチ陣が、国内外のすべての試合を分析した。このような「管理」と「戦略」は「創意」につながる。

彼らの目標は来る9月に開かれる「LoL世界選手権(ロールドカップ)」優勝だ。ロールドカップは「LoL系のワールドカップ」のたとえだ。彼らが創団後初の優勝を握るのか、期待してみよう。
  • 毎日経済_チョン・スンファン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-22 15:58:04