韓、時価総額3分の1「蒸発」…「コロナ」2ヶ月で

韓国CXO研究所の報告 

  • 「コロナ19」初確定者の発生からの時価総額の変動。 出典=CXO研究所


「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)」の国内初の感染者が発生した後、約2ヶ月で主要上場企業100社の時価総額の3分の1が蒸発したことが分かった。

23日の企業分析専門の韓国CXO研究所によると、今月20日に国内20業種の上場企業100社の時価総額は629兆ウォンで、国内初の感染者が発生した1月20日(859兆ウォン)に比べで29.7%減少した。特に去る12日、世界保健機関(WHO)が「パンデミック」を宣言した後の8日間で時価総額は12.7%減少した。

業種別ではサムスン電子とSKハイニックスなど5社の電子企業の時価総額が2か月のあいだに126兆ウォン以上も減少したことが分かった。

同じ期間に自動車は27兆ウォン、金融19兆ウォン、石油化学16兆ウォン、情報通信15兆ウォン、金属、鉄鋼13兆ウォン、造船10兆ウォンずつがそれぞれ減少した。

2か月の間の株価も20業種すべてで下方曲線を描いた。

その中の7つの業種の株価は平均で40%以上下落し、特に造船・重工業企業の株価は48.6%も大きく低下した。続いて旅行(-43.7%)、自動車(-43.6%)、機械(-43.5%)、金融(-43%)、建設(-42%)、航空海運(-42%)の順で下落幅が大きかった。

韓国CXO研究所のオ・イルソン所長は、「完治者が治療中の患者数を逆転し始めると予想される3月の終わりから4月初めを起点に、株価は下り坂から増加に転じ、新しい分岐点を迎えることができるだろう」とし、「2週間以内に突発的な変数が現れない限り可能なケース」だと説明した。
  • 毎日経済デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-03-23 07:59:15