トップ > 数字経済 > マーケティング > LG電子、スワロフスキーOLED TV発売

LG電子、スワロフスキーOLED TV発売

一般TVデザインとは差別化された美しい超薄型OLED TV 

LG電子がオーストリアの名品ジュエリーブランド、スワロフスキー(SWAROVSKI)のクリスタルデザインを適用したOLED TVをリリースする。

LG電子は、ドイツのベルリンで開かれるIFA(国際家電博覧会)2014でこの製品を展示し、年内にスペシャルエディションとしてヨーロッパ市場で発売する予定だと2日明らかにした。LG電子はスワロフスキーがデザイン協業を通じてリリースするこの製品の主題は「光の出会い」だ。自ら光を出すOLED TVと輝くクリスタルの出会いを意味する。LGクリスタルOLED TVは、最新スマートフォンよりも薄い4mm大の太さに、画面没入感を高める透明スタンドを適用した製品だ。

LG電子とスワロフスキーは、この製品のスタンド左右の部分に3つの異なる大きさで総460個のスワロフスキーのクリスタルを手作業で装飾し、完成度を高めた。特に、流線型のパターンに刺繍されたスワロフスキーのクリスタルは、製品が消えている時もほのかに光を放ち、高級な感じを与える。

LG電子HE事業本部のハ・ヒョンフェ社長は「一般TVデザインとは差別化された美しい超スリムOLED TVは、スワロフスキーのクリスタルデザインを加えてTVが芸術作品に生まれ変わった」とし、「これからも色々なプレミアムブランドとの創造的なマーケティング協業を通じて、LGTVだけの差別化された長所を浮上させるようにする」と述べた。

スワロフスキーは、1895年、オーストラリアのダニエル・スワロフスキー(Daniel Swarovski)が創業した会社で、小さな装飾品からファッション製品に至るまで、約10万個以上の多様な形と色、大きさのクリスタル製品を披露する会社だ。
  • 毎日経済_イ・ジンミョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-09-02 13:09:36