LG電子、新概念家電…洗濯機・乾燥機が一体に



  • LG電子が23日、一体型デザインのワンボディ(One Body)洗濯乾燥機「LGトロームウォッシュタワー」を発売し、新しい服の管理の文化を提示した。俳優チョ・ヨジョンがこの日、LGトロームウォッシュタワーを紹介している。 [写真提供= LG電子]


LG電子は一体型デザインのワンボディ(One Body)洗濯乾燥機「LG TROMM Washtower(LGトロームウォッシュタワー」を公開した。 LG電子は新概念による洗濯乾燥機の新製品で、新しい衣類ケア文化を提示する方針だ。

LG電子は23日午前11時、オンラインを通じて新製品を公開し、「LGトロームウォッシュタワー」を本格的に発売すると発表した。最近の社会的距離維持を勘案し、オンライン公開の方法を選んだ。顧客はウォッシュタワーホームページとLG電子の公式YouTubeチャンネルで製品を見ることができる。

LGトロームウォッシュタワーは洗濯機と乾燥機を一体型に実装したワンボディ洗濯乾燥機だ。 LG電子は最近のアパートのキッチンとベランダが拡張されつつ洗濯と乾燥のためのスペースが減り、乾燥と洗濯機を上下に設置するケースが増えることに注目した。ウォッシュトタワーは同じクラスのドラム洗濯機と乾燥機を上下に設置するよりも高さが約87㎜低くなった。

ウォッシュタワーは21㎏洗濯機と16㎏乾燥の大容量を採択した。人工知能DD(Direct Drive)洗濯機は衣類の重量を検出した後、ビッグデータを活用して材質を確認できる場合は、LG電子だけの洗濯方法である「6モーション」の中から最適のモーションを自分で選択する。

ウォッシュタワーは2色で出荷され、出庫価格はホワイトが399万ウォンでブラックは419万ウォンだ。 LG電子はベージュ、ピンク、グリーンなどの新色を順次追加する予定だ。ソン・デヒョンLG電子H&A事業本部長(社長)は、「ウォッシュタワーが洗濯と乾燥をひとつの製品でまかなえる、新しい衣類の管理文化を作っていくつもり」だと語った。
  • 毎日経済_ファン・スンミン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-04-23 17:30:10