現代重工業、2200億の超大型原油運搬船を受注


現代重工業グループは総額2200億ウォン規模の、超大型原油運搬船(VLCC)2隻を受注した。

現代重工業グループは21日、欧州所在の船主と30万トン級VLCC 2隻の建造契約を締結したと発表した。今回の受注船舶は長さ330メートルと幅60メートル、高さ29.7メートルの大きさで、現代重工業蔚山造船所で建造されて2022年上半期から順次引き渡される予定だ。

特に今年から施行された国際海事機関(IMO)の環境規制に対応するために、これらの船は「スクラバー(硫黄酸化物低減装置)」が搭載される。英国の造船・海運分析機関のクラークソン(Clarksons)によると現在、世界には800隻以上のVLCCが運航している。このうち25%に当たる211隻を現代重工業グループが建造した。
  • 毎日経済_ソン・グァンソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-05-21 17:39:59