韓国造船「ビッグ3」…カタールからLNG船23兆受注

露とモザンビークからも受注可能性 

  • 造船3社のLNG船受注実績


長い低迷期を経験した国内造船業は、カタールの受注の朗報をきっかけに大逆転を狙っている。カタール国営石油社のカタール・ペトロリアム(QP/Qatar Petroleum)から計23兆6000億ウォン規模の液化天然ガス(LNG)運搬船の受注を引き出したことに続き、ロシアとモザンビークのプロジェクトでも大規模なLNG運搬船の年内の受注可能性が高まっているからだ。「LNG運搬船に発する造船業好況」に対する期待感が高まっている。

2日の造船業界によると、現代重工業・大宇造船海洋・サムスン重工業など国内造船3社は今年の下半期中に、ロシア「アークティック(Arctic)2プロジェクト」とモザンビークの「LNGプロジェクト」も受注ラリーを続けるだろうという期待感が高まっている。これらの3社が去る1日、カタール・ペトロリアムと100隻以上のLNG運搬船の受注契約(仮契約)を締結した影響だ。カタール・ペトロリアムとの契約により、今年に入ってコロナ19などで行き詰まっていたLNG運搬船の受注の糸口になっただけではなく、船を作る技術は韓国が世界最高だという事実を改めて世界に証明したという説明だ。業界ではカタールの発注量を除いても、今年のグローバルなLNG運搬船の発注量は50隻に達すると予想している。

KB証券のチョン・ドンイク研究員は、「大多数の船種は昨年に比べて受注減少が予想されるが、LNG運搬船の場合はロシアなどの大型プロジェクトの発注が迫ったし、中小規模のプロジェクトも多数行われているので強気を見せる見通し」だとし、「いくつかのプロジェクトは遅延する可能性を勘案しても、年内の発注規模は45~50隻になるだろう」と語る。

ロシアの「アークティック(Arctic)2プロジェクト」は計25隻のLNG運搬船を発注する。 1次15隻と2次10隻の2回に分けて発注する方式だ。このうちの第1次5隻は、サムスン重工業がすでに契約を獲得し建造している。残りの10隻もサムスン重工業が受注するだろうという展望が支配的だ。外信によると第2次の10隻と関連して、中国の滬東中華造船が5隻と大宇造船海洋が5隻を受注する可能性に重みが置かれている。これとともに、モザンビークLNGプロジェクトは最大で17隻を発注することが予想され、それらの多くは国内造船3社が受注すると観測される。

相次ぐ大規模な受注ラリーの可能性に、一部では今年を基点に2000年代初頭の造船業「スーパーサイクル」が再燃すれのではないかという期待まで出ている。カタールの大規模な発注が「干ばつの終わりを告げる恵みの雨」をこえて、他の主要なプロジェクト内の各船社に投資を刺激する呼び水になるだろうという理由からだ。

通常、船舶の発注は向後の3~4年を見込んで行われる。今回の契約も船舶の引き渡しは2024年から順次行われる予定だ。そのために各プロジェクトは独自のスケジュールに基づいて、先制的に建造契約を締結する。船舶の確保が遅れると、プロジェクトのスケジュールにも影響を及ぼすからだ。韓国輸出入銀行のヤン・ジョンソ海外経済研究所主任研究員は、「LNG生産国が市場の主導権をつかもうと競争している状況であることから、カタールのLNG船発注が他のLNG生産国の発注心理を刺激するだろう」と説明した。

業界によると、現代重工業の年間LNG運搬船の建造可能量は15隻前後だ。造船3社を合わせると40~50隻と推定される。カタールの発注量の正式契約と船舶引き渡しがそれぞれ4~5年をかけて順次行われるという点を勘案すれば、その期間の造船3社は年間生産可能量の半分を既に確保したわけだ。

現代重工業の関係者は、「カタールの発注で国内造船3社の毒ドックの相当部分がいっぱいになり、今後の建造可能量は大幅に減少した」とし、「希望の日付にLNG運搬船を引き渡しを希望する他の船主からの問い合わせが続くと期待している」と語った。この関係者は続けて「最近は原油価格が徐々に回復し、タンカーの発注問い合わせが続いているなど業況回復の信号が検出されている」と付け加えた。

これに関連し、造船業界ではスーパーサイクル始まった2000年代初頭に、カタールの大規模なLNG運搬船の発注があったことに注目している。カタールは2003年以来、超大型LNG運搬船53隻を発注したが、国内の造船「ビッグ3」が受注を独占し、その後2008年までに韓国造船業は超好況を享受した。ドックが限定されている状況で国内造船各社に受注が集中し、他の船社の船舶発注も増加したというのが業界の説明だ。実際に、大宇造船海洋は2004年、全体受注量67隻のうちの20隻がLNG運搬船だった。ただしコロナ19と米・中貿易紛争などの悪材料が依然としている状況で、結果を安易に予断することは難しいだろうという慎重論も少なくない。

「世界の工場」として定着した中国が爆発的な経済成長を続けて、それに応じてグローバル貿易量が急増していた当時と、コロナ19の影響で世界の主要国がマイナス成長を見せつつ物流量が急減している今の状況は違うという指摘だ。実際に英国造船・海運市場分析会社のクラークソン・リサーチによると、第1四半期における世界の累計船舶発注量は233万CGT(標準貨物トン数)で、昨年の第1四半期(810万CGT)比では71.3%減少した。

産業研究院(KIET)のホン・ソンイン研究委員は、「カタール発の大規模受注がさらなる発注心理を刺激することがありうるが、今回の受注で造船業が2000年代初頭のようなスーパーサイクルに入ることは難しいだろう」と予想した。ホン研究員は「業種の特性上、世界経済の状況と船種の交換時期などが一緒にかみあってこそだが、スーパーサイクル時に建造した船がまだ交換時期に達していないし、世界的な経済状況も否定的だから」だと説明した。
  • 毎日経済_ノ・ヒョン記者/ソン・グァンソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-06-02 21:40:33