トップ > 数字経済 > 企業 > CJフードビル、ソウル松坡に「ケジョルパプサン」5号店をオープン

CJフードビル、ソウル松坡に「ケジョルパプサン」5号店をオープン

オリンピック公園店はケジョルパプサン売り場の中で最も大きい規模の220席 

  • CJフードビル、ソウル松坡に「ケジョルパプサン」5号店をオープン
CJフードビルは、ソウル松坡区のオリンピック公園平和の広場で、韓食サラダバービュッフェ「ケジョルパプサン」5号店を開くと20日明らかにした。

来月初めから営業を開始する5号店は220席の規模で、現在運営するケジョルパプサンの売り場の中で最も規模が大きい。売り場でサンチュ、ビート、トウキ、青レタス(チシャ)野菜4種を植えた「都市の中の菜園」を運営するのが特徴であると会社側は説明した。会社関係者は「オリンピック公園は松坡区と江東区を併せた商圏であるだけでなく、年間利用者が1000万人に達し、より多くの顧客と出会うことができる位置」と説明した。

先だってケジョルパプサンは、昨年7月にオープンした板橋店をはじめ、加山(カサン) Wモール店、始華(シファ) Eマート店、龍山 ( ヨンサン) アイパークモール店など、首都圏に売り場4個を運営してきた。
  • 毎経ドットコム_バン・ヨンドク記者 /写真_ケジョルパプサン | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-20 16:39:49