起亜自、米の品質調査で「総合1位」


起亜自動車は2020年、米国の新車品質調査でフォルクスワーゲンやレクサス、メルセデス・ベンツなどを抜いて1位に上がった。

米国市場調査会社のジェイディパワー(J.D.Power)は24日(現地時間)に発表した「2020新車品質調査」で、一般・プレミアムブランドを含むブランド全体の中で、起亜自動車をダッジ(Dodge)と共同1位に選んだ。

ジェイディパワーは1987年から34年目の品質調査を行っており、信頼性と権威を認められている。今年はプレミアムブランド13種と一般ブランド18種など、総31種のブランドで189車種を対象に調査した。細部的な審査方法は、2019年11月~2020年2月に米国で販売された新車に対する3ヶ月間の顧客の経験をもとに、223種のアイテム別の品質に対する苦情事例を集計し、100台当たりの不満件数を点数で示した。スコアが低いほど品質満足度が高いことを意味する。

起亜自動車は今回の調査で136点を受けて1位を占めた。またシボレー(141点・3位)、ジェネシス(142点・5位)、ヒュンダイ自動車(153点・10位)、レクサス(159点・12位)、日産(161点・13位)、BMW(176点・18位)、ポルシェ(186点、24位)、メルセデス・ベンツ(202点、28位)などが続いた。

クラス別の調査では「K3(フォルテ)」は準中型で、「ソウル」は小型SUV、「ソレント」はアッパーミッドSUV、「カーニバル(セドナ)」はミニバン車級でそれぞれ1位に上がって最優秀品質賞を受賞した。調査ブランドの中でこのように4つのモデルがクラス別の最優秀品質賞を獲得したのはキャデラックとならんで最も多い。

起亜自動車の関係者は、「ジェイディパワーの新車品質調査は、車両を直接経験した顧客の評価を土台にしている。ブランド全体の中で1位、一般ブランドの中で6年連続で1位という素晴らしい結果は、起亜自動車の高品質競争力を多くの顧客が証明してくれたわけだ」と説明した。

  • 起亜自テルライド


一方、起亜自動車「テルライド」は自動車専門誌ワーズオート(Wardsauto)が主管した「10大ベストインテリアリスト」にも上がって、運転者に優しいデザインであることを再確認した。
  • 毎日経済_カン・ゲマン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-06-25 17:35:49