トップ > 数字経済 > マーケティング > 起亜自動車、「K3ウォッチ」1500個を限定提供

起亜自動車、「K3ウォッチ」1500個を限定提供

スポーティーなダイアルデザインを元に、3時をK3と可視化 

  • 起亜自動車、「K3ウォッチ」1500個を限定提供
起亜自動車が、K3発売2周年を迎え、9月にK3を購入した個人の消費者を対象に、国内初のスマートキー機能を搭載した「K3ウォッチ」1500個を先着順で限定提供するイベントを進行する。

「K3ウォッチ(K3 WATCH)」は、若くてダイナミックな個性を追求する消費者のために特別に製作されたもので、スポーティなダイヤルデザインをもとに、3時の部分を「K3」と可視化した。また、ブラックとシルバーの二色をベースにレッドの秒針を使用するなど、「K3ウォッチ」に感覚的で素敵なK3だけのブランドアイデンティティを表現した。 K3ウォッチは、携帯時にドアの開閉、トランクを開ける、エンジンをかけるなどのスマートキー機能が動作してスタイルと利便性を同時に追求するK3の消費者が大きな満足感を感じることができる。

イベント参加を希望する消費者は、Kシリーズサイト内のイベントページを介して個人情報および9月に購入した車台番号を入力することで応募が可能で、起亜自動車は、ボタンでエンジンをかけるスマートキーオプションが適用されたモデルの購入者から先着順で応募した1500人に「K3ウォッチ」を伝達する予定である。

起亜自動車の関係者は「K3の発売2周年を迎え、購入されたお客様に特別な利点を差し上げたいと思い『K3ウォッチ』を制作することになった」と「これからもK3のお客様が誇りを持つことができる車両に生まれ変わるために絶えず努力する」と述べた。
  • 毎経ドットコム_ナム・テファ客員記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-09-03 16:03:52