サムスン電子、9年連続「アジア最高のブランド」

「Campaign Asia-Pacific」 

サムスン電子はアジア主要国の消費者を対象にした調査で、9年連続でアジア最高のブランドに選ばれた。

10日の業界によるとグローバルな通信マーケティング企業のキャンペーン・アジア・パシフィック(Campaign Asia-Pacific)と市場調査専門機関ニールセン(Nielsen)がアジア14カ国の消費者を対象に実施したオンライン調査で、サムスン電子は「アジアのトップ1000ブランド( Asia`s Top 1000 Brands)」の中で1位を占めた。サムスン電子はこの調査では2012年から9年めでアジアのトップブランドの座を守っている。サムスン電子は「現地で最も影響力のあるブランド」「持続可能なブランド」「携帯電話」「テレビ」「スマートホーム技術」分野を含む全5つの分野で1位を占めた。

コンピュータとタブレットPC、ホームオーディオとヘッドフォン、キッチン家電、ウェアラブル機器分野では2位だった。サムスンに続きアップルが2位を占めており、パナソニック(3位)、LG(4位)、ネスレ(5位)が続いた。 LGは昨年の6位から今年は4位に2段階を跳んだ。

昨年は4位だった日本のソニー(6位)は5位圏から押し出された。キャンペーン・アジア・パシフィックはサムスン電子の、技術革新のための継続的な投資が連続1位受賞の背景と説明した。特にサムスンの近年最大の技術革新は「ギャラクシーフォールド」などのフォルダブルフォンへの投資だったと評価した。今回の調査はわが国をはじめ、中国と豪州、シンガポール、タイなど14カ国で8400人を対象に、家電・流通・飲食・金融など15の主要製品の項目について最も信頼するブランドを問う方式で行われた。
  • 毎日経済_ファン・スンミン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-07-10 22:59:36