「現代モータースタジオ高揚」で未来モビリティ体験

現代自動車グループ 


  • 現代自動車は未来のモビリティに対するビジョンを広く紹介するために、「現代モータースタジオ高揚」を中心に展示・講演・ユーチューバーコラボレーションコンテンツなど、多様なプログラムを用意したと24日に明らかにした。写真は未来のモビリティ「エスリンク(S-link)」を体験している様子。 [写真提供=現代自動車]



現代自動車は24日、最新の完成車展示空間である「現代モータースタジオ高揚」を未来のモビリティ体験・展示舞台に改装し、コンテンツを強化したと明らかにした。

現代自動車によると「現代モータースタジオ高揚」は最近、常設展示スペースを「未来モビリティ」をテーマにリニューアルした。現代自動車が用意したコンテンツは、スマートモビリティ時代のための△環境にやさしいモビリティ、△移動の自由、△連結された移動性がテーマだ。具体的には水素燃料電池、自律走行、コネクティビティ技術の展示内容が幅広く追加された。

現代モータースタジオ高揚を訪問する客は、展示空間内に設けられた水素燃料電池車(FCEV)「NEXO(ネクソ)」の模型部品を通じて水素燃料電池の技術的原理を知ることができ、料理の注文と健康チェックやショッピングなど、さまざまな活動を体験することができる未来形モビリティ「エスリンク(S-link)」に搭乗することもできる。

現代自動車は「社会的距離の確保」のために直接の訪問が困難な客のために、現代モータースタジオ高揚の未来モビリティ展示スペースを紹介するYouTubeレビューコンテンツ「フューチャーライブ(Future Live)」も進行する。フューチャーライブは自動車・人文学・科学分野のユーチューバーがコンテンツ制作に直接参与した。 25日には科学ユーチューバー「キクブル」が水素エネルギーと水素電気自動車の原理を説明してくれる。来る31日には作家のチョ・スンヨン氏が「チョ・スンヨンの探求生活」チャネルを通じてモビリティの過去と現在そして未来を示す。来月2日には現代自動車の公式YouTubeチャンネルである「アバウト現代」を通じて、自動車ユーチューバー「オートソニックス」が動く空気清浄機「ネクソ」を紹介する「なぜなのCar」コンテンツを公開する予定だ。

未来モビリティへの洞察を共有するフォーラム・トークショーも増やした。先だって現代自動車は、配達の民族と韓国交通研究院、デジタルヘルスケア・パートナーズ、マーボー、スカイ・ラボラトリーズのようなさまざまな分野の企業が参加した中で、「モビリティ・ヘルスケア」をテーマに「フューチャーフォーラム」を開催した。

現代自動車の関係者は「現代モータースタジオは今後も未来モビリティの展示とイベントを継続的に開催し、現代自動車の水素燃料電池・自律走行・コネクティビティ技術を顧客にさまざまな方法で広報する計画だ」と語った。
  • 毎日経済_イ・ジョンヒョク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-07-24 17:36:06