現代自「コナエレクトリック」…1回充電で1000キロ走行


  • 写真提供=現代自動車


現代自動車の小型電気スポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)「コナエレクトリック」は、一回の充電で1000キロメートル以上を走る大記録を書いた。米テスラと日本の日産自動車の最新電気自動車モデルの一部が、特定条件の下で最大600キロメートルまで走ることができるということと比較しても圧倒的な走行能力だ。

現代自動車は去る14日、3台の「コナエレクトリック」が7月22~24日(現地時間)にドイツで実施された試験走行で、それぞれ1026キロメートルと1024.1キロメートル、そして1018.7キロメートルの走行距離を達成したと発表した。試験走行での燃費はキロワット時(kwh)当たり16キロメートル前後で、国内の認定された電気自動車の燃比(kwh当たり5.6㎞)をはるかに上回っている。

今回の試験走行は35時間のあうだ、ドイツのレーシングサーキットである「ユーロスピードウェイ・ラウジッツ(EuroSpeedway Lausitz)」で多数のドライバーが交代で運転して行われた。走行には一般的な量産車が投入され、テストのために車両システムを操作した部分はなかった。試験車3台の平均速度は、一般的な市街地走行と同様の時速30㎞で集計された。
  • 写真提供=現代自動車

.
  • 毎日経済_パク・ユング記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-08-14 20:05:10