現代グロービス、北欧の海運会社と業務協約を締結

ノルウェー「ワレニウス・ウィルヘルムセン・ラインズ」 

現代自動車グループの総合物流会社である現代グロービス(HYUNDAI GLOVIS)は欧州の大型海運会社と手を握り、親環境(環境にやさしい)物流新事業を共同で推進する。まず液化天然ガス(LNG)輸送から始めて、将来の水素エネルギー物流にまで事業を拡大する計画だ。

現代グロービスは3日、ノルウェーのライサーカーに本社を置く海運グループ「ワレニウス・ウィルヘルムセン・ラインズ(Wallenius Wilhelmsen Lines)」(以下ウィルヘルムセン)と「ガス運搬船と海運環境の変化共同対応業務協約(MOU)」を締結したと明らかにした。 1861年に設立されたウィルヘルムセンは世界に約2000ヶ所の支店を置いて、船舶管理と船上用品供給事業を行う大規模な海運グループだ。

業務協約式は現代グロービスのキム・ジョンフン代表取締役(社長)とウィルヘルムセンのトーマス・ウィルヘルムセン代表取締役と関係者らが、韓国とノルウェー両社の本社で映像会議の方式で進行した。現代グロービスの関係者は、「今回のMOUは環境にやさしいエネルギー転換の時代に、両社が持つ強みを活かして素早く対応するためのものだ」と語った。

現代グロービスとウィルヘルムセンは今回の協約に基づいて、優先的にLNGの海上輸送事業を共同推進する。 LNGの海上輸送は爆発の危険性が高く、細かい運航管理が必要だ。現代グロービスとウィルヘルムセンは引き続き、海運市場での水素生態系を造成する方針だ。環境にやさしい水素エネルギー船と、水素エネルギーの海上輸送事業を段階的に議論するとみられる。

現代グロービスは水素の生産から貯蔵・輸送・流通を一つの統合網で管理する、サプライチェーン管理(SCM)事業を推進してきた。今年7月には国土交通部が発足させた「水素物流アライアンス」に参加して、物流業界で水素エネルギーの活用を促進する政策を発掘することにした。これに先立ち、6月には産業通商資源部および関連機関とともに、海外の清浄水素導入のためのMOUを結んで力を合わせ、サプライチェーンを作ることに合意した。

現代グロービスは自社の船の運航能力とウィルヘルムセンの船舶管理ノウハウが結合すると、今後のガス海上運送事業はもちろん、水素物流事業でも相乗効果を大きく出すだろうと期待する。

現代グロービスの関係者は、「両社は急増するLNG需要と、ますます強化される環境政策に対応するために手を合わせた」とし、「現代グロービスとウィルヘルムセンは各社の競争力を土台に、将来の環境海運事業で最高の相乗効果をもたらすことができるように努力する」と語った。
  • [イ・ジョンヒョク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-09-03 17:50:57