ティーウェイ航空、8ヶ月ぶりに武漢直行便を再開

来る16日から週1回運航 


「コロナ19事態」でふさがっていた仁川と中国・武漢間の空の道が8カ月ぶりに再開される。コロナ19の発現地として知られた武漢へのルートが再開されることで、他の国への旅も可能になるかに関心が集まっている。

15日の国土交通部によると、国土部は前日にティーウェイ航空に対して仁川~武漢路線の運航許可決定を下した。ティーウェイ航空は最近、中国の地方政府の防疫確認証と中国民航局の運航許可を受け、国土部に運航許可を申請していた。韓・中両国の航空当局の運航許可によって、ティーウェイ航空は16日から週1回運航を開始する予定だ。

コロナ19の発現地として指摘された武漢への空の道が開かれるのは、今年1月以降の8ヶ月ぶりだ。先だって大韓航空と中国南方航空がこの路線を週4回運航してきたが、コロナ19が急速に拡散したことから、国土部は1月23日から定期路線の運航を全面禁止した。また、ティーウェイ航空は昨年、当該路線の運輸権を配分されて今年1月21日から運航する予定だったが、コロナ19の影響で最初の飛行機すら出せなかった。

国土部の関係者は、「工業都市武漢は韓・中企業の往来が多いところで、コロナ19で中断された国際線を再開してほしいという要望が多かった」とし、「多くの国際線の運航が再開されるように支援する」と述べた。今年8月末の時点で、仁川国際空港は米・中・日本・ヨーロッパなどの42カ国102都市に定期便路線を運営している。 1月末時点の52カ国174都市よりも72路線が減った状態だ。地方空港の国際線は出発のみ可能で、入国は禁止している状況だ。
  • 毎日経済_キム・テジュン記者/アン・ジョンフン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-09-15 17:45:13