韓LCC、イースター航空が14日に600人を整理解雇

コロナ経営難で 

経営難に陥っているイースター航空(Eastar Jet)は、全従業員の半分以上にあたる600人あまりを整理解雇する。

13日の航空業界によると、イースター航空は来る14日に従業員605人を整理解雇する計画だ。これによって従業員数は590人に減ることになる。今後に2次構造調整が行われれば、400人あまりにまで減る見込みだ。これはコロナ19事態が本格化した去る3月末(1616人)と比較すると4分の1の水準だ。

イースター航空の関係者は、「航空機が6機に減ったので、これに合わせて人材を減らすわけ」だとし、「会社の売却を考慮した措置でもある」と説明した。
  • 毎日経済_ソン・グァンソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-10-13 17:32:40