ポスコインターナショナル、ベトナムに電気車用部品を供給

ビンファスト社から受注 

ポスコインターナショナル(Posco International)と国内の自動車部品専門企業であるイレAMS(erae AMS)は13日、ベトナムのビンファスト(VinFast)から電気自動車用部品を受注したと明らかにした。ビンファストはベトナム最大の民間企業であるビングループで投資して作った、現地の最初の完成車メーカーだ。

ポスコインターナショナルとイレAMSが今回受注した部品は「ハーフシャフト」だ。ハーフシャフトはバッテリ電気自動車(BEV)の駆動軸の役割を果たす部品だ。両社は微調整とテストなどを経て、来年に部品供給を開始する計画で、供給量はビンファストが生産する電気自動車の約10万台規模だ。

特に今回の受注を契機に事業拡大の足場を整えたというのがポスコインターナショナル側の説明だ。ポスコインターナショナルは2011年にイレAMSとのコラボレーションを開始し、現在ではイレAMSが北米のフィアットクライスラーに輸出する部品のほとんどを供給している。最近では米国の電気自動車スタートアップから部品を受注するなど、協業関係を広げている。

ポスコインターナショナルはグループ社と欧州のエコカー市場の攻略にも力を入れている。ポスコSPSが生産するエコカー駆動モータの核心部品であるモーターコアを、ポスコインターナショナルのネットワークを活用して欧州の現地自動車部品メーカーに供給している。
  • 毎日経済_ソン・グァンソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-10-13 19:51:58