LG電子、スマートテレビで欧州に「韓流」伝播

「LGチャンネル」で提供 

  • 写真提供=LG電子


LG電子は自社製スマートテレビ(Smart TV)の無料コンテンツサービスである「LGチャンネル」を利用する欧州の主要国の顧客に、史上初で韓流コンテンツを提供する。

LG電子は15日、今月中にフランス、ドイツ、イタリア、スペインなどに提供されている「LGチャンネル」サービスで、MZ世代(1980年代初め~2000年代初めに生まれたミレニアル世代と、1990年代半ば~2000年代初頭に生まれたZ世代)の選好度が高いコンテンツを増やすと発表した。特に現地でも人気を得ているBLACKPINK、G-DRAGON、WINNERなどの所属事務所のYGエンターテイメントの24時間放送「YG TV」とKポップビデオプラットフォーム「Mubeat」、Kフードチャンネルの「モクパンTV」などの韓流コンテンツを最初に提供するという点で関心を集めている。

LG電子は「LGチャンネル」の韓流コンテンツを拡大するために、国内のメディアグループ「ネクストエンターテイメントワールド(NEW)」のデジタルコンテンツ・プラットフォーム関連会社「ニューID(NEW ID)」とコラボレーションした。両社は「LGチャネル」を通じて欧州を皮切りに、韓流コンテンツサービスを拡大していく計画だ。キム・ウテクNEW会長は、「世界のテレビ市場をリードするLG電子とともに、欧州の視聴者に最新の韓流コンテンツを供給することになって嬉しい」とし、「ニューIDはアジア最高のデジタル放送のプラットフォーム事業者としての役割に注力するつもりだ」と明らかにした。

「LGチャンネル」はインターネットにつながったLGのスマートテレビで、セットトップボックスがなくても多様なチャンネルを無料で視聴できるサービスだ。 LG製スマートテレビに標準搭載されており、2015年からサービスを開始した。有料放送の申請が負担になる一人世帯や2台以上のテレビを視聴する顧客に有用だ。
  • 毎日経済_パク・チェヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-10-15 17:19:00