現代自 、リコールで赤字に…「第4四半期は黒字見通し」



現代自動車は2010年の新しい国際会計基準(IFRS)の導入後、初めて今年の第3四半期に営業赤字を記録したが、これは未来を見据えた決定によるものと分析される。現代自動車は不確実な経営環境を克服するための、全社的なコスト削減努力によるマーケティング費用の削減にもかかわらず、「シータ2」エンジンの欠陥リコール関連の大規模な充当金の設定で、今年の第3四半期の営業利益は前年同期よりも6923億ウォン減少した3138億ウォンの赤字を記録した。

現代自動車は去る19日、公示を通じてリコール対象のシータ2エンジンと、その他の顧客からの苦情事例を受け付けた他のエンジン(シータ2 MPI・HEV、ガンマ、ヌーなど)に対する顧客の品質満足度の向上のために、先制的に2兆1352億ウォンの貸倒充当金を用意した。起亜自動車も1兆2600億ウォンの追加充当金を設定し、現代・起亜自動車は計3兆4000億ウォンの費用が発生することになった。

2018年と昨年にもエンジン関連のコストを数千億ウォン造成した現代自動車は、今年はその規模を兆ウォン単位で大きく引き上げて将来の顧客の不安を事前に解消し、これが今回の第3四半期の業績に必然的に反映された。しかし、この費用を除けば今年の第3四半期における現代自動車の営業利益は、むしろ1兆8210億ウォンの黒字だ。

現代自動車の関係者は、「スポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)とジェネシスとグレンジャーなどの高級車の売上げがともに上昇するミックス効果で各種の新車発売で利益が増え、これによる企業のファンダメンタルズも強化された」とし、「特に金融部門のコスト削減努力が加わって、この部門も利益を記録し、エンジンの欠陥費用(2兆1000億ウォン)さえなかったら、1兆8000億ウォンの営業利益黒字を記録しただろうが、最終的にはコストを反映した3000億ウォン以上の営業損失が生じた」と説明した。

証券業界の分析もこのような軌道を描く。ハイ投資証券リサーチセンターのコ・テボン センター長は、「シータ2エンジンのリコール充当金の反映を考慮すれば、現代自動車の今年の第3四半期の営業利益は本来見通しをはるかに上回る」とし、「現代自動車がこれまで『失われた5年』のあいだ業績不振から抜け出せなかったが、今回の第3四半期には新車発売と地域ミックスの改善などで実績がなく、良かったと見ることができる」と述べた。また同氏は、「欠陥費用という一回性の問題さえなければ、高級車中心の製品ポートフォリオで改善傾向が続いただろう」とし、「今後は中国市場での工場稼働率を最適化しながら販売チャネルを交替し、ジェネシスと現地戦略型モデルを正常に発売するのが実績改善の鍵になるだろう」と付け加えた。

韓国投資証券のキム・ジンウ研究員も、「コスト削減と販売車両のシェア上昇などで、現代自動車のファンダメンタルが大きく改善され、実際には膨大なアーニングサプライズを出した」とし、「今回は大規模な充当金を積んだので、充当金を追加設定する可能性も低い」と展望した。ただし同氏は「中国市場の場合、あまりにも長いあいだ停滞していたため、現代自動車が出した市場攻略案がきちんと受け入れられるどうかは、もう少し時間を置いて見なければならない」と線を引いた。このことから、金融情報会社のエフアンドガイドは第4四半期の現代自動車の売り上げは昨年の第4四半期より5.61%増加した29兆3842億ウォンで、営業利益は18.81%増の1兆3834億ウォンを記録すると見通した。

現代自動車は今後、ツーソンとGV70などの主要な新車の成功裏の出荷と地域別販売の正常化方案を積極的に推進し、収益防御に集中する計画だ。最近、世界の自動車需要がコロナ19の影響から少しずつ抜け出して販売回復に転じているからだ。

現代自動車は今年の第4四半期にはグローバル市場の攻略を加速化する見通しだ。この日、第3四半期の業績を発表するカンファレンスコールでも、中国事業の競争力向上策を強調した。中国の自動車需要が2017年から下り坂を歩いているが、消費性向の二極化現象で大型・高級車の現地需要は増えているからだ。

現代自動車中国支援チームのイ・ギョンテ常務は、「エラントラと中国専用SUVのix35などを中心に、商品性の高い新型改善モデルが現地で出荷される」とし、「特に北京現代の主力車種であるエラントラと新型ツーソンは最近、北京モーターショーで好評を受け、煙台中国技術研究所で昨年実施された北京現代ディーラー対象の事前品評会でも早急な出荷を油性された車種だっただけに、現地の実績向上に重要な役割を果たすことになる見込み」だと述べた。

現代自動車の今年の第3四半期の営業損失とは異なり、起亜自動車は営業利益の黒字を維持した。グローバルな車両販売は69万9000台で、昨年の第3四半期よりも小幅で減少したが国内販売が3%以上増え、コロナ19の中でも競争力のある新車がシェアを高めていったからだ。このことから起亜自動車は今年の第3四半期の売上げは16兆3218億ウォンで、昨年の第3四半期よりも8.2%増え、営業利益は前年比で33%減の1953億ウォンを記録した。

カーニバルとソレントなどの新車発売によるミックス効果が起こったうえにコスト削減努力が加わり、エンジンの保証費用にもかかわらず大幅にセーブしたわけだ。
  • 毎日経済_ソ・ジヌ記者/パク・ユング記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-10-26 17:37:53