SKマテリアルズ、日JNCと合弁会社を設立

OLED素材市場へ進出 

SKマテリアルズは日本の総合化学社JNCと合弁会社を設立し、有機発光ダイオード(OLED)の素材産業に進出する。 OLEDは自ら光を出す「自己発光型有機素子」だ。

半導体やディスプレイ素材の専門企業であるSKマテリアルズは25日、液晶ディスプレイ用素材と合成樹脂などを主力とする日JNCと合弁会社「SK JNC(仮称)」を設立すると発表した。合弁会社の持株比率はSKマテリアルズが51%とJNCが49%で、初期の資本金は480億ウォン規模だ。本社は韓国に設けられる。

SKマテリアルズは今回の合弁会社設立で、特にOLEDの核心素材である「ドーパント(dopant)」などに関連する技術の内在化が可能となった。ドーパントはOLEDが色を出すための核心素材だ。この中でも青色ドーパントは赤色・緑色と比較して使用年限が短く技術が難しいために、JNCが関連特許と独歩的な技術力を保有している。 SKマテリアルズは自社が保有する生産能力と販売ネットワークに、JNCから確保したOLED関連の源泉特許が加わって高いシナジー効果を出すものと見ている。

市場調査会社のIHSマークイットによると世界的なOLED素材市場は、2020年の約2兆6000億ウォンから2025年には5兆5000億ウォン規模に成長する見込みだ。
  • 毎日経済_チェ・グンド記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-11-25 17:35:56