韓セルトリオン、コロナ診断キットを米国に供給


  • 「DiaTrust(ディアトラスト)」写真提供=セルトリオン


セルトリオン(Celltrion)は総2400億ウォン規模のコロナ19迅速診断抗原キットの供給契約を締結し、米国市場への進出に乗り出す。

セルトリオンは18日、コロナ19迅速診断抗原キット「DiaTrust(ディアトラスト)」を米国子会社のセルトリオンUSAを通じて、米国流通社「Prime Healthcare Distributors(プライムヘルスケアディストリビュータース/以下プライムヘルスケア)」に独占供給した。「ディアトラスト」は体外診断専門企業のヒューマシステムとセルトリオンが共同で開発したコロナ19迅速診断抗原キットだ。追加の診断装置なしで、診断後に感染の有無を15分以内に確認できるというのが長所だ。

セルトリオン側はディアトラストが迅速なだけでなく、精度の点でも高いレベルを誇ると説明した。初期症状者を対象とした臨床試験で「感染した人を陽性と判定する確率」を示す感度は、最小94.3%から最大100%まで測定されたわけだ。またこの臨床試験では「感染していない人を陰性と判定する確率」の特異度は100%となった。

先だって先月、セルトリオンUSAはプライムヘルスケアと2100億ウォン規模のコロナ19迅速診断抗原キット「SAMPINUTE(サムピニュート)」の供給契約を締結したが、現在は需要に迅速に対応することが難しい状況を考慮し、ディアトラストの新規供給契約が締結された。

プライムヘルスケア側はディアトラストの米国食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可(EUA)の進行状況に応じて、米国市場の独占流通権を確保して本格的な販売に乗り出す計画だ。

一方、セルトリオンはヒューマシス(Humasis)と共同開発したコロナ19とインフルエンザ(インフルエンザ)A・B型を同時に診断できる抗原診断キットで欧州市場に挑戦する計画を持っている。
  • 毎日経済_パク・ユンギュン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-12-18 19:15:49