韓ハンファエアロ、英ロールスロイスから「無限の信頼」



ハンファグループの防衛産業部門の子会社であるハンファ・エアロスペース(Hanwha Aerospace)は、世界3大航空機エンジンメーカーである英ロールスロイス(Rolls-Royce)から「無限の信頼」を得て話題だ。航空機エンジン部品を量産する前にロールスロイスが直接行った品質チェック手順を、ハンファ・エアロスペースが委任を受けて自主的に実施することになった。これはロールスロイスの、世界の何百ものパートナー社の中で初の事例だ。

ハンファ・エアロスペースは19日、ロールス・ロイスから量産適合性の自社検討と承認資格を取得した。これにより、新たに開発した航空機エンジン部品を量産する前に実施する「品質検証および承認手続き(PPAP)」を自主的に進めることができるようになった。

今回の資格取得について同社は、ロールス・ロイスのパートナー社の中で最高レベルのPPAP 1等級(レベル1)を受けたことによるものだと説明した。ハンファ・エアロスペースは今後、国内の昌原事業場とベトナムの事業場でPPAPを進める計画だ。

これと関連してハンファ・エアロスペース昌原事業所のナム・ヒョンウク常務は、「過去40年間に培ってきた製造ノウハウと品質に基づいて、業界最高水準の品質システムと優秀な人材を保有していたから可能だった」と説明した。

ロールスロイス社のワーウィック・マシューズ購入総括副社長は、「ハンファ・エアロスペースの今回の資格取得は非常に嬉しい」とし、「これまでハンファ・エアロスペースが見せてくれた成功納品成果と、無欠点の品質のための継続的な努力の結実」だとした。

1884年に設立されたロールスロイスは米国のプラット・アンド・ホイットニー(P&W)社やゼネラル・エレクトリック(GE)とともに、世界3大航空機エンジンメーカーに選ばれる。 100年以上も航空機エンジンを製作しており、2019年末の時点での売上高は165億ポンド(約24兆8000億ウォン)に達する。技術に対する自負心が大きく、パートナー社に厳しい条件を提示することでよく知られている。業界では今回の資格取得を通じて、ハンファ・エアロスペースが製造技術と能力を認められたという評価だ。

ハンファ・エアロスペースは1984年からロールスロイスと軍需エンジンの整備事業や廠整備などを行った。その後、ロールスロイスの最尖端民間航空機エンジンである「トレント(Trent)」シリーズなど、多様なエンジンに装着されるケース類やモジュールなどの製作を担当しつつ協力体制を強化してきた。

その結果、2018年にはロールス・ロイスの最高パートナー賞を受賞しており、2019年には約10億ドル(約1兆1000億ウォン)規模の最尖端航空機エンジン部品の供給契約を締結した。 2045年までに少なくとも25年のあいだ供給する。

これと同時に、米P&Wと米GEとのパートナーシップもしっかりと構築している。ハンファ・エアロスペースは2015年、P&Wと最新航空機エンジンである「GTFエンジン」の国際共同開発事業(RSP)契約を締結した。これまで独・英・伊などの先進企業がRSPを主導してきた点を勘案すれば、ハンファ・エアロスペースは主要パートナーに跳躍する足場を整えたという解釈が可能だ。

2016年9月にはP&Wとシンガポールの航空機エンジン部品生産法人のジョイントベンチャー(JV)運営契約を発表した。これによってハンファ・エアロスペースは、P&Wのシンガポール生産法人の株式30%を買収することになった。グローバルな航空機エンジン製作企業の生産法人経営に、国内企業が直接参加した初の事例だった。

またハンファ・エアロスペースは米GEと2019年、3億ドル(約3300億ウォン)規模の最尖端航空機エンジン部品の供給契約を締結した。 GEの最新エンジン「GE9X」に装着される高圧圧縮機ケースと高圧タービンケースなど6種と、LEAPエンジンの高圧タービンケース類など40種を供給する内容だ。これに先立ち、2016年には韓国型戦闘機(KF-X)のエンジン部品の国産化技術協力契約を、2014年には4700億ウォン規模の航空機エンジン部品の供給契約を結んだ。

ハンファ・エアロスペースは世界3大航空機エンジンメーカーとのパートナーシップを強化しつつ、グローバルな航空機エンジン市場で地位を固めている。現在、世界の民間航空機エンジンの市場は3大メーカーが70~80%を寡占している。
  • 毎日経済_ソン・グァンソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-01-19 19:19:51