ポスコ、世界初「LNG推進バルク船」の運航に成功



  • ポスコの原料輸送を担当する世界初のエコLNG推進バルク船「エイチ・エル・グリーン号」が初航海を終え、去る20日に光陽燃料埠頭に到着した。写真は到着した翌日の21日、鉄鉱石を下役するようすで、丸いオレンジ色の部分がLNG燃料タンクだ。 [写真提供=ポスコ]


世界初の液化天然ガス(LNG)推進のバルク船であるポスコの原料専用船が、豪州から全羅南道光陽市(くぁんやんし)までの初航海を成功裏に終えた。ポスコは21日、親環境船舶「エイチ・エル・グリーン号」が昨年12月に木浦から出発した後、豪州で鉄鉱石18万トンを船積みした後の20日に光陽製鉄所の原料埠頭に到着したと明らかにした。

HLグリーン号はLNG燃料を使用するバルク船で、長さ292メートルと幅45メートル、デッキの高さは24.8メートルに達する大型船舶だ。世界最大のLNG燃料推進船であるHLグリーン号は、世界初で運航したLNG推進バルク船という里程標まで残した。

これまでのバンカー油の代わりにLNGを燃料として使用すると、微細粉塵を発生させる代表的な大気汚染物質である硫黄酸化物(SOx)と窒素酸化物(NOx)をそれぞれ99%と85%削減することができる。

ポスコは船舶燃料の硫黄酸化物の含有率と関連し、世界的な規制の施行に先立って2018年12月に先制的に2隻の原料専用船をLNG推進船で代替することを決定し、昨年12月には船舶の建造が完了して命名式を経て、この日に豪州までの遠い旅を完了した。
  • 毎日経済_ハン・ウラム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-01-21 19:11:13