現代建設機械、フォークリフト市場を攻略…中UN社でOEM生産


現代重工業グループの系列会社の現代建設機械は中国のフォークリフト専門メーカーと手を握り、グローバルにフォークリフト販売の拡大に乗り出す。現代建設機械は28日、中国のUN社(尤恩叉車)と相手先ブランドによる生産(OEM)のための戦略的提携を締結したと明らかにした。

UN社は中国浙江省に位置するフォークリフト生産の専門メーカーで、年間1万台の中・小型フォークリフトの生産能力を備えている。今回の提携で現代建設機械は、基本的な機能を充実させつつコストパフォーマンスを高めた2~3.5トン級のエコノミーフォークリフト10種をUN社でOEM方式によって生産することになる。これは東南アジアと中東やロシアとオーストラリアなどの新興市場をはじめ、ヨーロッパおよび中国などに販売する計画だ。

両社はまたUN社の工場に専用組立ラインなどの生産設備と品質および開発施設を拡充させて、長期的な協力関係を維持していくことにした。現代建設機械はこれにより、2025年までに中国OEM製品のグローバルな売上げを約1億ドルに拡大していく計画だ。
  • 毎日経済_イ・ユソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-01-28 17:07:57