現代自動車、四輪変身ロボット「タイガー」初公開



現代自動車グループはモビリティとロボット技術を融合し、移動限界を超える新概念の未来移動手段の開発に乗り出した。 10日、現代自動車グループは自由自在に変身する知能型地上移動ロボットである「タイガー(Transforming Intelligent Excursion Robot/TIGER)」をプロトタイプ(試作品)の形で開発し、この日にYouTubeなどのオンラインチャネルで外観を初公開した。

タイガーは現代自動車グループ傘下の未来モビリティ専門組織として、昨年初めに発足した「ニューホライズンズスタジオ(New Hprizons Studio)」が主軸になって開発した製品だ。

2019年に米国の国際電子博覧会(CES)で公開された歩くモビリティ「エレベイト(Elevate)」のようにモジュール型で製作された。さまざまな部品を組み合わせて結合・分解することができる。

ただしエレベイトが有人モビリティならタ、イガーはそれよりはるかに小さいサイズで徹底的に無人用として開発されたという点が目を引く。前後の長さは80センチで左右が40センチであり、重さは12キログラムほどに過ぎない。 ロボットの4つの足に車輪がくっついており、この足が完全に折りたためるのでふだんは4つの車両で、必要な時は四足歩行ロボットに変身することができる。

平坦な面は四輪駆動で走行するが、でこぼこしたり人が入りにくい奥地などではロボットの車輪の足が真っ直ぐ伸び、歩いて移動することになる。特に長距離の移動時は飛行も可能だ。徹底的に結合と分解が可能なモジュール型で製作されたため、タイガーの上に「無人航空機(UAV/Unmanned Aerial Vehicle)を結合すれば、そのまま飛んでいくことができる。無人航空機とタイガーは、互いに接触した状態で相手を充電することもできる。

今回公開されたタイガーの最初のコンセプトモデルの名称は「X-1」で、Xは「実験」を意味する。したがってタイガーは、今回は試作品の外観のみが公開されただけでまだ商用化の時期は決まっていない。

どこにでも自在に移動できるように、今後はタイガーが商用化されるとさまざまなセンサーを活用した、科学的探査や救急時の緊急物資輸送用に投入される見通しだ。奥地に物品を配送するなど、一般の車両には難しい多目的任務も遂行できる。

外形的には前進と後進だけでなく、左右にも簡単に方向を転換できる「対称デザイン」構造を備えたことが特徴だ。車体内部には別途に貨物室を保有して物品の保護機能を強化し、ロボット足で常時水平を維持することができ、悪路や極地などの路面状態が不規則な空間でも物品を安全に輸送することができる。

ニューホライズンズスタジオはタイガーをオープンコラボレーション方式で開発していて目を引く。人工知能(AI)ベースの米国エンジニアリング設計会社「オートデスク(Autodesk)」とコンセプトデザイン専門企業である米「サンドバーグ-フェラー(Sundberg-Ferar)」が現代自動車グループと手を組んだ。オートデスクはAIベースの特殊デザインの技術で、タイガーの足とホイールおよびシャーシそしてタイヤを軽量かつ堅牢な3次元(3D)プリンティング方式で製造できるように設計部門に力を添えた。サンドバーグ-フェラは外部スタイリングと車体および足部品を設計し、ソフトウェア開発に参加した。

現在、ニューホライズンズスタジオを率いる人物はジョン・ソ(John Suh)現代自動車グループ常務だ。同氏は今回のタイガーが「グックガングのモビリティ車両(Ultimate Mobility Vehicle)」、略して「UMV」に該当すると強調している。ソ常務は「これまでさまざまな移動手段が開発されたが、ロボットの足と車輪が結合した車両は今回のタイガーが初めてだ」と説明した。タイガーのプロトタイプ公開を手始めに今後の実用化のための本格的な開発が進むと、現代自動車グループの無人モビリティ開発にもいっそう加速が付くようになる見通した。ソ常務は「タイガーのような未来モビリティとその土台となる新技術は、私たちの想像力が新しい方向に進むようにする動力を提供する」とし、「ニューホライズンズスタジオは車両の設計と製造方法、未来モビリティのコンセプトなどを再定立できる方法を絶えず模索している」と語った。
  • 毎日経済 ソ・ジヌ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-02-10 17:42:21