サムスン電子「ネオQLED」…独「ビデオ」誌が絶賛


  • 写真提供=サムスン電子


サムスン電子の新型量子ドット液晶表示装置(QD-LCD/QLED)テレビが、欧州の権威ある専門誌から歴代最高の評価を受けた。

サムスン電子はた22日、ドイツの映像・音響の専門評価誌である「ビデオ(Video)」誌がサムスン電子製「Neo QLED」テレビに、テレビ部門で歴代最高点の966点を与えたと明らかにした。このスコアはサムスン「QLED 8K」テレビが昨年に記録した当該部門の最高点956点を1年ぶりに破った。「ビデオ」誌はヨーロッパの主要映像分野の専門メディアとして、消費者の信頼度が高いことが伝えられた。

Neo QLEDテレビは先月のサムスン電子新製品紹介イベント「サムスンファーストルック」で公開された。サムスン電子によると、このテレビはQLEDテレビに同社独自の人工知能(AI)基盤の制御技術である「ネオ量子プロセッサ」を採用し、画質を一段階引き上げた製品だ。

また既存のQLEDテレビの背面光(バックライト)に使われる発光ダイオード(LED)素子を40分の1の大きさに小さくし、より高密に素子を配置する「量子ミニLED」技術も採用した。サムスン電子は独ビデオ誌が「サムスンネオQLEDテレビは量子ミニLED技術で優れたコントラスト比とブラック再現性を実現した」と評価したと伝えた。

サムスンNeo QLEDテレビは「ビデオ」誌のテレビ部門で最高点を更新しただけでなく、3つの部門賞を同時受賞した。Neo QLEDテレビが受けた賞は、最高画質の製品に授与する「リファレンス」、△革新的な製品に授与する「イノベーション」、△デザイン性に優れた製品に贈られる「デザインのヒント」などの3種類だ。
  • 毎日経済 | イ・ジョンヒョク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-02-22 17:23:27