SKイノベーション、北米のシェールオイル事業を整理

脱酸素に速度だす 

SKイノベーションは北米に保有するシェールオイル(Shale oil)鉱区の権益と諸設備を処分する。

SKイノベーションは7日、「北米事業権および資産を米ベンチマークエネルギーに売却する」と明らかにした。全社の成長戦略である「脱酸素グリーンバランス」の実行とESG経営の一環だ。

SKイノベーションは北米鉱区事業のために2014年、子会社のSK E&P Americaを設立した。今回の売却資産の対象はSK E&P Americaの子会社であるSKプリマスとSKネマハなどが保有している米国の鉱区権益や資産全体だ。

SK E&P Americaは2014年、米オクラホマ州のグラントとガーフィールド郡、テキサス州クレーン郡に所在する生産鉱区の権益を取得した。続いて2018年にはSKネマハを設立し、米国のシェールオイル開発企業であるロングフェローの株式全量を買収し、ガーフィールド地域などの生産鉱区をさらに確保した。

SKイノベーションとベンチマークエネルギーは今年1月に売買契約を締結し、今月中にすべての売却手続きを終える。両社は売却代金の規模を明らかにしないことにした。
  • 毎日経済 | イ・ユンジェ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-03-07 14:44:29