SKハイニックス、超大容量の18GBモバイルDRAM出荷



SKハイニックス(SK Hynix)は業界最大容量の18ギガバイト(GB)LPDDR5モバイルDRAMを量産すると発表した。従来製品に比べて処理速度が20%速くなった新製品は、最高仕様のスマートフォンに搭載され、高解像度のゲームや動画を再生するために最適の環境を支援するという説明だ。

8日、SKハイニックスはグローバル情報技術(IT)会社の台アスース(ASUS)が発売する予定のゲーミングスマートフォン「 ROG Phone 5」に自社製品を供給した。ROG Phone 5は18GBの容量のLPDDR5 DRAMを採用した初のスマートフォンだ。

SKハイニックスが量産に突入した新製品は、10ナノメートル級(1z)プロセスで製造され、既存のスマートフォンに搭載されたモバイルDRAM(LPDDR5・5500メガビット秒)よりも約20%高速の秒6400メガビットの速度で動作する。フルHD級映画(5GB)10編に対応するデータを1秒で処理できる速度だ。 DRAMは情報を記録したり、記録しておいた情報を読み取ったり修正する役割を果たすが、処理速度が向上すればそれだけユーザーが高画質の映像を再生したり、ハイスペックモバイルゲームを動作させてもシームレスに遅延なく利用可能だ。

また前世代のLPDDR4に比べて速度は50%以上も速くなり、動作電圧は1.1ボルト(V)から1.05Vに4.5%ほど減少した。バッテリー容量が限られたモバイル機器に使用されるDRAMは処理速度だけでなく、動作電圧を下げることも重要な要素だ。 SKハイニックスの関係者は、「16ギガバイトの製品よりも容量が大きくなり、データの一時記憶領域が拡大されて処理速度と画質が改善されるだろう」と語った。

SKハイニックスは新製品の提供を通じて、各スマートフォンメーカーは前世代よりもいっそう性能に優れたスマートフォンを出荷できるものと期待している。また今後は超高性能カメラアプリケーションや人工知能(AI)など、最新の技術で新製品の適用範囲が継続して広がるだろうと予測した。

特にスマートフォン用のモバイルゲーム市場規模が急増しており、成長余力は大きいという分析だ。モバイルゲーム市場は機器の特性上、利用者の確保が容易であり、携帯性が良く、利用者数は継続して増加している。市場調査機関のスタティスタ(Statista)は、昨年は14億8100万人だった世界のモバイルゲームの利用者の規模は2023年には17億人に達するだろうと予想した。ゲーム専門市場調査機関のニューズは、モバイルゲーム市場の規模は昨年の91兆7000億ウォンから2022年には115兆ウォンまで成長すると分析した。

それだけでなく、最近は高スペックを要求するモバイルゲームのリリースが続いており、高スペックのモバイル機器に対する需要は急速に増加している。ゲームを動作できるかだけでなく、サバイバルシューティングゲームなどのモバイル機器の仕様は、ゲームの勝敗に直結している場合が多いからだ。

市場調査機関のオムディアによると現在、LPDDR5 DRAMの需要はモバイルDRAM市場全体で約10%を占めている。尖端機器の適用範囲がますます増えることに合わせてまい年需要が大幅に増え、2023年には50%を超え、2024年には77.6%まで増加するだろうとの見通しだ。現在、LPDDR5はサムスン電子とSKハイニックスおよびマイクロンだけが量産している。

  • 毎日経済 | パク・チェヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-03-08 19:31:30