『俺だけレベルアップな件』米でドラマ化か…ゲームも企画



国内ウェブトゥーンの最大のヒット作の一つである『俺だけレベルアップな件』が、米国でドラマとして制作されることが予想される。さらに『俺だけレベルアップな件』の知的財産権(IP)を活用したゲームも作られ、グローバル市場の占領に乗り出す。

13日の関連業界によると、D&C MEDIA(ディアンドシーメディア)とカカオエンターテイメントが知的財産権を所有する国内ウェブトゥーンの最高人気作『俺だけレベルアップな件』がゲームとドラマで製作される。ゲームはネットマーブルが開発を担当し、ドラマは国内ではなく米国の有力制作会社が映像化する計画だ。

ディアンドシーメディアとカカオエンターは最近、このウェブトゥーンの知的財産権を活用して、ネットマーブルでゲームを制作することにした。また米国の有名なスタジオとともにドラマを制作し、世界的なオンラインビデオサービス(OTT)を介して放送するための交渉に乗り出した。米国ワーナー・ブラザーズを含む有名企業が関心を示していると伝えられた。

『俺だけレベルアップな件』は単一の知的財産権では国内累積照会数だけで6億2000万回を超え、ウェブ小説とウェブトゥーンを合算した閲覧者は660万人を超えた作品だ。一日最大で150万人の閲覧という記録も持っている。国内を越えて日本・北米・中国・東南アジアでも人気を呼んでおり、Kウェブトゥーンの先鋒の役割を果たしている作品だ。

『俺だけレベルアップな件』は日本でも150万人が閲覧している。去る1月には米国のオンライン請願サイトにも『俺だけレベルアップな件』をアニメーションにしてほしいという請願が上がってきて、1ヵ月あまりで約18万人が参加することも行われた。ブラジルとドイツでは単行本の発売初週に、アマゾンコミック部門で販売1位を達成した。

最近は国内ウェブトゥーンがプラットフォーム化し、国内ウェブトゥーンの知的財産権を活用したワンソースマルチユーザ(OSMU)が一般化する傾向にある。 OSMUはひとつの素材による物語をさまざまなジャンルに適用し、マーケティングの波及効果を享受するメディアマーケティング戦略だ。『俺だけレベルアップな件』は今後はドラマだけでなく、映画でも製作を検討している。映画も大配給会社を通じて、グローバル市場への進出を狙う。
  • 毎日経済 | イ・ドンイ記者/オ・デソク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-04-13 20:10:38