アーチェリー男子団体銅の武藤弘樹選手が韓国で話題「ソン・シギョンに似ている…」


  • SBS画面キャプチャ

「日本チームに韓国人みたいな人がいる。出勤途中にこんな人を見た…」

26日、日韓戦となったアーチェリー男子団体準決勝戦を視聴していた多くの韓国人ネットユーザーは日本チームにいる武藤弘樹選手を見て混乱した。武藤弘樹選手の姿が典型的な20代、30代の韓国人男性のように見えたからだ。

韓国のオンラインコミュニティでは歌手のソン・シギョンに似ているだとか、韓国ITのメッカ板橋(パンギョ)で働いていそうだとか、韓国人のプロゲーマーにいそうだと話題になり、次々と武藤弘樹選手のキャプチャイメージが作られては投稿された。

容姿から由来する様々な愛称がつけられたが、最も共感を得ているのは「スシギョン」だ。日本のスシと歌手のソン・シギョンを合わせてつけられた愛称だが、韓国の名門大学を卒業したソン・シギョンのように武藤弘樹も慶応義塾大学を卒業していることから、より共感を集めることになった。

さらに過去に韓国を訪れた際の思い出をつづったインスタグラムの投稿が話題になり、この投稿で大学で韓国語を勉強したことがあることや韓国料理が美味しいと発言した部分が韓国のネットユーザーたちの好感度を高めている様子だ。

日本が男子団体で銅メダルを獲得した際にもお祝いのコメントが溢れ、表彰式で日本、韓国、台湾の選手が一緒に自撮りで記念写真を撮っている姿に感動する韓国のネットユーザーも少なくなかった。ここでもやはり、表彰台に並んだ9人の選手のうち、武藤弘樹選手がもっとも韓国人っぽいと話題になった。
  • もっと! コリア コンテンツ部
  • 入力 2021-07-27 14:00:00