双子の選手イ・ジェヨンとイ・ダヨンがギリシャへ 韓国バレーとは永遠におさらばか


  • イ・ジェヨンとイ・ダヨンが所属チームの看板スターとして記者会見に出席して明るい表情で話している姿は、時間が経っても再び見ることが難しい雰囲気だ。写真:チョン・ジョンファン記者

イ・ジェヨンとイ・ダヨン(25)の双子の姉妹が欧州バレーボール連盟(CEV)女子リーグランキング37位のギリシャへと活動の舞台を移す。いじめの加害者だったということが明らかになってから8カ月が経った。法的な問題だけでなく国民感情も全く収拾せずに旅立つことになった。事実上、韓国バレーボールとは永遠の別れを告げたわけだ。

ギリシャの女子リーグチームPAOKは10日、国際バレーボール連盟(FIVB)に「大韓民国のバレーボール協会の同意がなくてもイ・ジェヨンとイ・ダヨンを迎え入れることができるか」について有権解釈を要請した。FIVBは29日午後7時以降に国際移籍を承認すると知られた。

大韓民国バレーボール協会はイ・ジェヨンとイ・ダヨンの過去の校内暴力を「国際移籍に関する規定」第3条2項の「不祥事であり社会的な物議」だと判断してPAOK入団に必要な国際移籍同意書の発給を拒否してきた。

イ・ジェヨンとイ・ダヨンは校内暴力の過去が明らかになった2月、大韓民国バレーボール協会から国家代表の資格も剥奪された。当時、2人は「未熟だった過去に犯した無責任な行動により多くの方を傷つけた。頭を下げて謝罪する(イ・ジェヨン)」「被害者が持つトラウマに深い罪悪感を感じ、今後は自粛して反省する姿を見せる(イ・ダヨン)」と謝罪した。

しかし、2人の姉妹はSNSに投稿した謝罪文を人知れず削除して4月5日「虚偽事実を流布して名誉を毀損した」と法的対応を始めた。体育市民連帯が「反省という言葉に意味がないほど突然、校内暴力の被害者を告訴するというイ・ダヨンとイ・ジェヨンは、人としての礼儀すらない2次加害行為を直ちに止めよ」と強く反発するなど、世論はさらに悪化した。

双子は6月30日、地上波チャンネルとのインタビューでも「傷つける行動だった。本当に申し訳ない(イ・ジェヨン)」「一度の謝罪では消えない永遠に残るトラウマを与えた。生涯反省したい(イ・ダヨン)」と言いながらも、「悔しい部分を正すために、今後も積極的に対応したい(イ・ジェヨン)」「ナイフを首に当ててはいない。持ち上げて悪口を言っただけ(イ・ダヨン)」という言葉で告訴を取り下げる考えも、本当の意味での反省もしていないことを全国民に見せつけた。

Vリーグの直前、所属チームの仁川興国生命ピンクスパイダースは双子の2021-22韓国バレーボール連盟の選手登録を諦め、現在イ・ジェヨンとイ・ダヨンはFAの状態だ。ギリシャのPAOKとの契約を終えた後、国内のどのプロチームと交渉をしても何の問題もない。

しかし、双子は被害者からいかなる許しももらえていない。捜査機関が「校内暴力の暴露に虚偽の事実が含まれていたので名誉毀損に対する処罰が必要だ」と判断して起訴したという話も聞こえてこない。

2人の姉妹は選手キャリアがこのまま終わってしまうのではないか、実戦のブランクが長くなって技量が低くなるのではないかと心配しただけだ。欧州バレーボール連盟のチャンピオンズリーグへの出場権もないギリシャへと舞台を移し、年俸4万ユーロ(約5544万ウォン)を払うというPAOKと契約した理由だ。

昨シーズン、Vリーグでイ・ジェヨンは6億ウォン、イ・ダヨンは4億ウォンがオプションを含んだ年俸だったほど、校内暴力の加害が明らかになる前まで韓国女子バレーボールで実力と人気を兼ね備えた代表的なスターだった。しかし、告訴に区切りがついたわけでも、道徳的な義務を果たしたわけでもない双子が韓国の舞台で歓迎される姿は時間が経っても再び見ることが難しそうだ。
  • パク・チャニョン MKスポーツ記者
  • 入力 2021-09-29 10:30:53