トップ > カルチャー > イベント > 「巨大ヘビがステージ襲う」… Kポップ進化を導くMAMA

「巨大ヘビがステージ襲う」… Kポップ進化を導くMAMA


  • 「巨大ヘビがステージ襲う」… Kポップ進化を導くMAMA

  • 「2021 Mnet Asian Music Awards(MAMA)」では巨大なヘビがaespa(エスパ)のメンバーを囲む姿が拡張現実(XR)で具現化された。 [写真提供=CJ ENM]



去る11日、「2021 Mnetアジアンミュージックアワーズ(MAMA)」の視聴者は、予想外の放送事故を目撃した。授賞式に乗り出したHAHAのマイクからノイズが出て、ステージの上を飾っていた装飾が消え、ノイズでいっぱいの画面が舞台に代わって広がった。ハッカーに占領されたように不明なエラーでいっぱいの画面は、壊れて破片として散らばってステージの上を覆ってしまった…。

国内最大規模の音楽授賞式で起きたこの事故は、ガールズグループ「aespa(エスパ)」の登場を知らせるために意図された演出だった。現実世界に存在するメンバーが仮想世界の中のもう一つの自分と疎通する…というストーリーで活動するこのグループのコンセプトを反映した「予定された事故」だった。

人気曲『Next Level』のステージが終わるまでに舞台の上を浮遊していた破片は消えて、暗転した舞台にライトが入って登場したのは巨大なヘビ「 ブラックマンバ」だった。エスパが仮想世界のメンバーたちと交感するのを妨げる ブラックマンバは、まるで彼女たちを監視するような動きでステージのあちこちを動き回った。

舞台にはエスパの仮想メンバー「アイエスパ(ae-aespa)」が登場してクライマックスに至る。仮想メンバーたちは『Savage』の群舞をくり広げ、頭上のブラックマンバを警戒する人間のメンバーたちを護るように囲んで登場した。人間のメンバーと同じ動作を披露する仮想メンバーの動きに、観客の呼応はさらに熱くなった。

この日の舞台は対面で行われたが、現場にいた観衆500人あまりの目には破片や蛇と仮想メンバーは見えなかった。徹底的にテレビやモバイル視聴者に特化した特殊効果だった。

昨年11月にデビューしたエスパが観客を前にして公演を繰り広げたのは、この日のステージが初めてだ。コロナ19でこの1年間、がらんとした観客席を前にして視聴者にダンスと歌をプレゼントしてきた彼女たちは、仮想メンバーとの合同公演で初対面公演を華やかに仕上げた。この日の授賞式で「ベストダンスパフォーマンス女子グループ」など2つの部門で受賞したエスパは「MAMAに私たちがみんな一緒に出たのは初めてなので震える」とし、「来年はもっと素敵でもっと新しいパフォーマンスをお見せする」と抱負を語った。

今年は22年目を迎えた国内最大の音楽授賞式として定着したMAMAは、年を重ねるほどに最新の情報技術(IT)を導入した多様な舞台演出で視聴者の注目を集めている。非対面公演の日常化でオンライン視聴者の目が肥えて、ITを通じてこれに見合った多様な演出を実現している。全世界のKポップに対する関心が歌手と歌に続いて舞台演出につながり、「未来型公演」を披露するための努力の結果が明らかになった。

MAMAを主管するエムネット(Mnet)は昨年、授賞式から舞台演出に尖端技術を本格的に導入した。歴代初の全面非対面で進められた昨年の授賞式では増強現実(AR)と拡張現実(XR)を活用した舞台演出が呼応を得て、今年はこれを拡大適用した。 エムネットは、昨年の授賞式に肩の負傷で参加できなかった防弾少年団のSUGAを360度で撮影して実装する「ボリュメトリック(Volumetric)」技術でステージに立たせて好評を得た。

今年の授賞式では、エスパに続いてNCT 127『Favorite(Vampire)』のステージで現在と未来の光化門をXRで再現した背景を披露して華やかさを添えて、NCT DREAMの『味(Hot Sauce)』ステージでも巨大なホットソース瓶の中にメンバーが登場する演出で楽しさを加えた。解散後の3年ぶりに再結合したWanna One(ワナワン)の『春風(Spring Breeze)』の舞台では、応援棒を振るファンたちの上に桜が飛び散る演出が繰り広げられた。stray kids(ストレイキッズ)の『ソリクン』では侵攻しようとする宇宙船を舞台の上に浮かべ、メンバーたちのカリスマ性を浮き彫りにした。

視覚効果とともに、臨場感を伝えるための聴覚的効果も設けられた。イベント前にあらかじめ録音した国内外ファンの声声を受け取って、授賞式の進行に合わせて再生した。 2年ぶりに対面開催を決定したが、防疫規則に従って観客が群れ成して歌を歌ったり、声をかけることができないという限界を克服するための措置だった。
  • 毎日経済 | 坡州=パク・テウィ記者
  • 入力 2021-12-13 17:43:39