トップ > カルチャー > カルチャー > 韓国ショートトラック選手のシム・ソクヒ、北京冬季五輪への出場ならず

韓国ショートトラック選手のシム・ソクヒ、北京冬季五輪への出場ならず


  • 韓国ショートトラック選手のシム・ソクヒ、北京冬季五輪への出場ならず
  • MKスポーツDB

女子ショートトラック選手シム・ソクヒ(25)の2022北京冬季五輪への参加の機会が失われた。3大会連続での出場もかなわなくなった。

18日、ソウル東部地方法院(地裁)民事合意21部はシム・ソクヒが提起した大韓氷上競技連盟懲戒効力停止仮処分申請を棄却した。

シム・ソクヒが国家代表チームの同僚・スタッフに対する常習的な暴言により氷上連盟から受けた選手資格2カ月停止の懲戒処分は先月30日に確定した。選手側は大韓体育会スポーツ公正委員会再審請求の代わりに法的対応に乗り出したが、意見は受け入れられなかった。

シム・ソクヒは北京五輪参加を望んだが、氷上連盟懲戒により今大会が終わる2月20日まで国家代表になることは不可能となった。

昨年10月からシム・ソクヒは2018平昌五輪1000メートル決選当時、チェ・ミンジョン(24)脱落を目的にわざと転倒して衝突したという八百長疑惑が持たれてきた。調査委員会は意図性の判断が難しいとしたが、チームワークに悪影響を及ぼす誹謗をオンライン上で日常的に行ってきたことが明らかになった。

シム・ソクヒは2013・2014ワールドカップシリーズおよび2014ワールドチャンピオンシップで次々と総合優勝を達成して女子ショートトラックの一人者として活躍してきた。五輪では団体リレーでの金メダルが2個、個人種目では銀1個、銅1個を獲得している。
  • パノウ・チャンヒョン MKスポーツ記者
  • 入力 2022-01-18 14:20:03