トップ > カルチャー > カルチャー > [猫占い⑨/⑬]アジアとロシアの野生で暮らしていた猫、ペルシャ(Persian)

[猫占い⑨/⑬]アジアとロシアの野生で暮らしていた猫、ペルシャ(Persian)

信じるか信じまいか..転生のあみだくじで見る2014猫占い⑨/⑬ 

  • [猫占い⑨/⑬]アジアとロシアの野生で暮らしていた猫、ペルシャ(Persian)
ペルシャ(Persian)

アジアとロシアの野生で暮らしていた猫として知られている。この猫は一言で威風堂々とした外見に悠々自適な性格を持っている。足は短いが大きな体を支えるため太く丈夫で並大抵の犬の攻撃にも瞬きひとつしない。むしろ犬がひるむ場合が多い。

●生まれつきの直感で生涯優雅に暮らすものの家庭は不安だ
あなたは生まれつきの社交家だ。性格が気さくで対人関係が円満でよく笑う陽気な本性を持っているため良い人たちがあなたに手を差し出すことになる。しかも気遣いが百段なので相手の心をすぐにに察してくれる。あなたは科学的思考よりも直感的な力に優れたタイプだ。学歴や専攻などはあなたにとって何でもない。あなたはいつも「直感」で働く人だ。開放的な環境で育ったらともすればスティーブ·ジョブズに敵対する人物になっていたかもしれない。直観を論理で整理する能力があなたには存在するからだ。目標管理もよくできる方なので営業職に合っている。これは明らかにあなたの長所だが同時に短所でもある。あなたは我慢強さがない。長続きしない。たちまち飽き出す。だから周辺、家族を失望させる場合が多い。どうするべきか、本性を捨てることはできないから、理解と容赦を求めながら生きていくしかない。努力も必要である。営業上出会う人や事業は仕方ないとしても「人」に対しては真正性を持ち誠心を尽くしなければならない。そうでなければ家庭が不安になる可能性が高い。

●2014年の運命のキーワード
うつ病について考えて見なければならない時だ。 「不安」があなたの胸を襲うことだろう。 2月中と予想される。理由のない漠然とした不安であるため一層危険である。避けるべき単語はヒーリング、立ち止まる、荷を降ろすなどの観念的な修辞だ。不安が大きくなり直観がぶれて食欲がなくなり人生を懐疑し、さらには死すらなんでもないとう絶望が来たら病院に行って処方をうけなければならない。直観を有効にするためには科学に依存しなければならない。これが真理だ。
  • 毎日経済.Citylife_文キアラ(猫観察寄稿家)記者/写真、フォトパーク | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-02 11:19:14