トップ > カルチャー > 韓国探訪 > 誰もが好きな点心「モンジュンホン(夢中軒)」

誰もが好きな点心「モンジュンホン(夢中軒)」

Fine Dining...世界餃子紀行 

  • 誰もが好きな点心「モンジュンホン(夢中軒)」
中国本土で饅頭(マントウ)は餡や具のない蒸しパンのことを言い、具を入れたものはジャオズ(餃子)と呼び、点心(ディムサム)は軽い食事で楽しむ一口サイズの料理を指す。その中でも、一番人気はやはり点心だ。昔は香港に行って味わうグルメだったが、今ではソウルにも点心専門店がかなり多い。

2009年、清潭洞にオープンし、現在4つの店舗を運営している「モンジュンホン(夢中軒)」は、中国現地の調理長が30種類以上の点心と様々な広東料理を披露するところだ。ニラとエビが入った「クチェギョ(九菜餃)」、エビとシーフードが合わさった「ハギョ(蝦餃)」が特に美味しく、フカヒレや全家福などの料理も反応が良い。メニューがホームページに詳しく説明されており、プライベートルームも備えているので、これからの年末、集まりの場所として考慮みてもよさそうだ。

■ 位置(安国店):ソウル鍾路区北村路 31-22
■ 問い合わせ:02-730-2051
■ 営業時間:12時~15時、18時~20時
  • Citylife第454号(14.11.25日付)写真:CJフードビル
  • 入力 2014-11-25 11:43:06