トップ > カルチャー > カルチャー > スナックカルチャー・ヒストリーテリングなど、2014文化芸術10代トレンド… Culture 10 Keyword (2/9)

スナックカルチャー・ヒストリーテリングなど、2014文化芸術10代トレンド… Culture 10 Keyword (2/9)

シングル・老年層・パパなど、個人ターゲット型TVの流行 

  • スナックカルチャー・ヒストリーテリングなど、2014文化芸術10代トレンド… Culture 10 Keyword (2/9)
「パパどこ行くの」の出演者がラーメンを食べる姿が放映された後、該当製品の売上が約30%跳ね上がった。「花よりおじいさん」の出演陣は、全員CFモデルとして登場して、「応答せよ1994」のブーム以後、90年代の音楽と製品などの「復古商品」も反射利益を見た。視聴率は収益モデルにつながって、TVコンテンツが「シングル」「キロギアッパ(※)」「老人」など個人ターゲット型に変化、これらをターゲットとしたプログラムもたてつづけ登場した。「私ひとりで住む」、「食事をしましょう」のようなシングル族のためのプログラムや、男性中心のコンテンツで構成されている「青い巨塔」、「本物の男」、19禁のコンテンツを扱った20~30代の注目を集めた。男性密着芸能「パパどこ行くの」「スーパーマンが帰ってきた」は変わった男性性を見せてくれた。観察型芸能をはじめとして「ペア」、「ダーリン-百年のお客様」のようにTVの中の一般人に関心を持つ傾向を流行させ、芸能人の日常、または私と似ているというものをを見せてくれた。これにより個人の視聴習慣、好みなどを考慮したプログラム推薦・主題別チャンネルを提供しているスマートTVも発売され、人びとの選択的視聴を助けるTVフラットフォーム、没入を誘導するへこみ型モニターなども一緒に開発される傾向だ。

※キロギアッパ・・・子息の教育のため妻とこどもを海外に送り、一人韓国に残り仕送りを続ける父親を指す造語
  • Citylife_パク・チャヌン記者 / 資料提供_文化体育観光部、韓国文化観光研究院
  • 入力 2014-01-16 09:32:40